「ネオ歌謡ポップス」を掲げるSijima。日常の全シチュエーションを照らす音楽とは|BIG UP! Stars #13

BIG UP! Stars

文: 黒田隆太朗  写:百瀬浩三郎 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第13回目はSijimaが登場。

山下達郎を敬愛し、バンド名も彼の歌詞から拝借。首謀者のヒガケンタはかなりのフリークと見ていいだろう。Sijimaは彼の呼びかけで結成されたバンドであり、歌謡曲、AOR、シティポップをブレンドし、都会の夜に馴染む洒脱な音楽を標榜する5人組である。ムードがありドラマチックな音楽を目指す理由は何か? Sijimaが目指すバンドとしてのヴィジョンを聞いた。

ずっとやりたかったシティポップ

ー楽曲を聴いて山下達郎イズムみたいなものを感じたんですけど。

一同:(笑)。

ーバンド名も山下達郎の歌詞からつけられているんですね。

インタビュイー画像

ヒガケンタ(B&Cho):

最初は「シティポップハンター」っていう候補が挙がったりしてたんですけど(笑)、前の職場で山下達郎が流れた時「静寂(しじま)へ~」って歌詞が聴こえてきて。これはいいんじゃないかと思って皆に提案しました。

ーずっと山下達郎が好きだったんですか?

インタビュイー画像

ヒガケンタ(B&Cho):

いや、聴き出したのは大学生くらいからですね。なので自分の根幹にあったわけではないんですけど、聴いた時から凄くフィットして。楽器が上手いところも含めて凄く惹かれました。それまで洋楽を聴くことが多かったので、日本語歌詞で海外のようなクオリティでやってることに衝撃を受けたんですよね。

ー掲げている「ネオ歌謡ポップスバンド」っていうのは?

インタビュイー画像

江上龍(Dr&Cho):

なにか肩書きというか、新しいジャンルみたいなものが欲しいなと思って。ネオ歌謡っぽいねって人から言われたので、そこから勝手につけちゃいました。ただ、もっといい言葉はないかなと思って考え中です。
インタビュイー画像

ヒガケンタ(B&Cho):

理由としては、歌謡曲に新しい要素を入れて、シティポップにも寄せた楽曲を作っていきたい気持ちがあったので。それを表す言葉として「ネオ歌謡ポップス」って言っています。

ーつまり、やりたい音楽性が明確にあったということですよね。どういう経緯で集まった5人なんですか。

インタビュイー画像

ヒガケンタ(B&Cho):

僕だけ6個上なんですけど、他の4人はほぼ同級生で。5人とも大学が一緒なんです。

ーヒガさんだけ長く大学にいたんですか?

インタビュイー画像

ヒガケンタ(B&Cho):

いや、ちゃんと卒業しています(笑)。大学生の時からずっとこういうバンドをやりたかったんですけど、同じ趣味の人が少なくて、バンドを組めるほど人数を集められなかったんです。で、フリーターになってからも違うジャンルのバンドをやっていたんですけど、少し活動を休止していた時期があって。そこで自分がやりたいことはなんだろうと見直した時に、やっぱり自分はシティポップだったというか。歳も取ったしやりたいことやらないとダメじゃんって今更思って、ドラムの江上とキーボードの吉澤に声をかけて結成しました。

ー誘われた江上さんもこうした音楽性へのモチベーションがあったんですか?

インタビュイー画像

江上龍(Dr&Cho):

そうですね。僕も別のバンドもやっているんですけど、本当にやっていきたい音楽っていうのはシティポップだったりして。Sijimaの音楽はまさに自分のやりたいことでした。

ー後から入られたおふたりは?

インタビュイー画像

吉岡広樹(G):

僕はそれまではコピバンしかやったことがなくて。オリジナルのバンドをやってみたいと思っていて、入れてもらいました。
インタビュイー画像

高城郁也(Vo&G):

僕はちょっと特殊で、ヴォーカルは一回変わってるんですよね。
インタビュイー画像

ヒガケンタ(B&Cho):

彼の前に初代がいたんですけど、その人が脱退してしまって。
インタビュイー画像

高城郁也(Vo&G):

自分も社会人になる前にもうひとつバンドを組んでいたんですけど、そのバンドはこの先活動しないって決まっていたから。僕としてはまだバンドをやってたいなって思ってたところに吉澤が誘ってくれました。

ーおふたりのルーツにはSijimaの音楽性があったんですか?

インタビュイー画像

吉岡広樹(G):

いや、ルーツは別ですね。父親が楽器をやっている影響でギターを始めて、中高の時はメタルやハードロックが好きでした。でも、大学で江上と一緒に軽音に入ったんですけど、彼に誘われてペトロールズのライヴを見た時に衝撃を受けて。それがきっかけでこういう音楽にどんどん興味を持つようになりました。
インタビュイー画像

高城郁也(Vo&G):

僕は兄貴がギターをやっていたんですけど、彼がフジファブリックが好きで自分も好きになりました。それで大学に入ってからキリンジが好きになりましたね。

ー最初に声をかけてもらった江上さんと吉澤さんは?

インタビュイー画像

江上龍(Dr&Cho):

僕は椎名林檎さんが好きなんですけど、一番最初はV系が好きでした。そこから色んな音楽を聴いていった中で、山下達郎とか角松敏生のようなソウル/AORをどんどん聴くようになって今に至るという感じです。
インタビュイー画像

吉澤慶祐(Key):

僕は小さい頃に親父からEarth, Wind & FireThe Doobie Brothers辺りのブラックな音楽を聴かせてもらっていて。一方で母ちゃんが中森明菜サザンオールスターズのような歌謡曲が好きだったので、そういった音楽が根底にあります。

ーご自身が音楽を始めたのは?

インタビュイー画像

吉澤慶祐(Key):

大学に入ってからです。昔ピアノをちょっとやっていたんですけど、両手で弾けなくてやめちゃって。大学に行ったタイミングで、中途半端に終わっていた音楽をやりたいなと思ってまた始めました。音楽を始めるまではサッカー部に入っていて、aikoさんとかスキマスイッチのような歌モノが好きでしたね。
インタビュイー画像

ヒガケンタ(B&Cho):

あと、EXILEとかね。
インタビュイー画像

吉澤慶祐(Key):

そう。この場で言っていいのかわからなくて押さえていたんですけど、EXILE大好きです(笑)。音楽に関してはこれ!っていうこだわりはあまりないタイプで、良いものは良いっていう感じで聴いていました。

ーヒガさんは山下達郎に出会ったのは大学からとのことでしたが、それまではどんな音楽を聴いてきたんですか?

インタビュイー画像

ヒガケンタ(B&Cho):

自分は親の影響で小さい頃からTOTOを聴いていて、AORっていうことは知らないまま、無意識にそういう音楽を好きになっていたんですけど。
インタビュイー画像

ヒガケンタ(B&Cho):

学生の頃は普通の流行ってるものを聴いていって、パンクから入ってポップスを通ってハードロックにいき、最終的にメタルまで聴きましたね。でも、結局戻ってきたのは山下達郎、スピッツZARDあたりの日本のアーティストでした。今はそこにAORやファンキーな要素が絡む音楽が好きですね。
次ページ:

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

百瀬浩三郎

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

シティポップ、AOR、歌謡曲にインスパイアされたクールでドラマティックな楽曲を生み出す5人組ポップスバンド
閉じる