時代の導火線に火をつける。鋭児が切り開く理想の社会

early Reflection
ポニーキャニオンとDIGLE MAGAZINEが新世代アーティストを発掘・サポートするプロジェクト『early Reflection』。10組目のアーティスト「鋭児」が登場。

誰にも飼い慣らされていない音がする。鋭児の音楽からはストリートのリアルと、アートに魅せられたピュアな憧憬と、時代に風穴を開けようという健全な野心が聴こえてくる。メンバーは御厨響一(Vo)、菅原寛人(B)、及川千春(G)、藤田聖史(Key)、田村 連(Dr)、市原太郎(Dr)の6人。都内で結成し、今年の1月にThe DomesticとFLAKE RECORDSにて初のEP『銀河』をリリース。初回入荷分が即刻完売すると、3月にリリースした『Fire』も軒並み売り切れを記録。早耳のリスナーたちは、早くもこの新鋭の登場を歓迎している。

限定店舗でゲリラリリースされた3rd EP『連理』(10月20日から配信リリース)には、「$uper $onic」、「VIVID」、「LISA」の3曲を収録。中でもArctic MonkeysやFranz Ferdinandからの影響を、獰猛なサウンドでまとめ上げた「$uper $onic」には、彼らの魅力が凝縮されているように思う。本能剥き出しの荒ぶれるボーカルに、バンドサウンドとエレクトロをミックスした攻撃的な音が痛快である。妖艶な音色とダウナービートが印象的な「VIVID」、日本語詞のリリックをソウルフルに歌い上げる「LISA」など、楽曲ごとにカラーを変える新作だ。

御厨響一と菅原寛人のふたりを招いて、リモート取材を行った。結成の経緯やふたりのルーツに始まり、鋭児の活動理念と今後のビジョンについて語ってもらっている。ZOOM越しでも火のついた目をしているのが伝わってくる。もしかしたら、今が革命前夜なのかもしれない。

鋭児のルーツ

ー活動は去年からですか?

インタビュイー画像

御厨響一:

もうちょっと前?
インタビュイー画像

菅原寛人:

活動自体は2年前とか。僕ら初ライブまで時間かかったんです。
インタビュイー画像

御厨響一:

2019年の6月30日に下北沢シェルターで初ライブやったんですけど、超トチって。やべえ、俺こんなにヘボいんだってそこで気づいた(笑)。
インタビュイー画像

菅原寛人:

ギターのインプットとアウトプットの順番逆だったんだよね。ずっと鳴らなくて。人のライブなのに15分くらい押しちゃうっていう(笑)。コントみたいだったよね。

ー(笑)。どういう経緯で皆さん集まったんですか?

インタビュイー画像

御厨響一:

俺と寛人が渋谷のTSUTAYA前でストリートしてて、そこで出会ってバンドやろうぜって言ったのがきっかけです。

ー御厨さんはストリートではどんな音楽をやられていたんですか。

インタビュイー画像

菅原寛人:

ラップじゃない?
インタビュイー画像

御厨響一:

Rage Against the Machineが超好きで、ザック・デ・ラ・ロッチャ(Zack de la Rocha)のスピリットを継承している感じっすね(笑)。あと、RIZEがめっちゃ流行って、ONE OK ROCKとかSiMマキシマム ザ ホルモンとか、あそこからの流れもたぶん継いでる感じはあるっす。
インタビュイー画像

菅原寛人:

元々響一以外のメンバーとはインストでやってたんですけど、ボーカルが見つからなくて全然活動ができてなくて。僕が別の活動をやっている時に響一と出会って、彼を紹介したらメンバーともすぐ仲良くなって鋭児を始めました。

ー出会った時、お互い音楽的にシンパシーを感じたんですか?

インタビュイー画像

御厨響一:

音楽的にシンパシーを感じたし、ルーツが近いと思いました。
インタビュイー画像

菅原寛人:

ミクスチャー系とかね。
インタビュイー画像

御厨響一:

あと、80’sも好きだったりするよね。聴いている音楽は寛人のほうが深いです。
インタビュイー画像

菅原寛人:

深いも浅いもないよ。
インタビュイー画像

御厨響一:

でも寛人は結構ディガーっす。今日はショパン聴いてたじゃんね?
インタビュイー画像

菅原寛人:

聴いてた。友達のコンサートに行ったばっかで、すげえなと思ってヘビロテです。

ー菅原んはクラシックをやられてたんですか?

インタビュイー画像

菅原寛人:

ちっちゃい頃にやってました。
インタビュイー画像

御厨響一:

本当に!?(笑)。
インタビュイー画像

菅原寛人:

あるある。ちゃんとある(笑)。ヴァイオリンとかやってて、クラシックがルーツにあるんです。でも、ちょっとグレちゃってRed Hot Chili Peppersにハマって。
インタビュイー画像

御厨響一:

グレすぎだろ(笑)。俺もRed Hot Chili Peppersは同じです。

ー鋭児は如何わしいミクスチャー感がありますよね。

インタビュイー画像

御厨響一:

やば(笑)。確かに如何わしいかもしれない。
インタビュイー画像

菅原寛人:

The Stone Rosesとかも好きだよね?
インタビュイー画像

御厨響一:

最高だね。俺はGorillazも大好きです。

ー新曲の「$uper $onic」は、Arctic Monkeysからの影響も感じました。

インタビュイー画像

御厨響一:

そうですね。MuseとかArctic Monkeys、あとはBlurとかFranz Ferdinandとか、そこら辺の音楽が今回の『$uper $onic』にも入ってるっす。
次ページ:自然の中で得られるインスピレーション

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

Vo:Kyoichi Mikuriya、Bass:Hiroto Sugawara、Guitar:Chiharu Oikawa、Key:Kiyoshi Fujita、Drums:Ren Tamura&Taro Ichihara

2020 年東京で活動開始。人間から溢れ出るすべての感情を音楽で創造する。日本をもっとアツくしたい。それだけ。
2021年1月に初音源1st EP”銀河”を一部店舗/ECサイトで販売開始、同年3/19に初の自主企画”WAKE”を新代田FEVER で開催、同日より2nd EP”Fire”を発売開始し、2作とも各店舗で軒並み完売となり、注目を集める。メンバーの様々なバックグラウンドが融合した、エレクトロ感とバンドサウンドが特徴的な楽曲たちのクオリティーもさることながら、鋭児の最大の持ち味はライブバンドであること。Vo.のKyoichi mikuriya の圧倒的な歌声と表現力に驚かされる。超攻撃的な歌声の力強さを発揮すると思いきや、暖かく心を包み込むような優しい歌声でリスナーの感情を縦横無尽に暴れまわり揺さぶってくる。さらには楽器陣のグルーヴも歌声に強力に絡み合うことによって、会場全体を巻き込むライブパフォーマンスは圧巻。
閉じる