「自分を開放させる時代」に生きるTENDRE・河原太朗が音楽と向き合う姿勢 | Music DNA #33

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。33回目はソロプロジェクトTENDREとして1stアルバム『NOT IN ALMIGHTY』をリリースした河原太朗。3人組バンドampelのボーカル&ベースやマルチプレイヤーとして多彩な活躍を見せる彼の音楽ルーツとTENDREの表現について伺いました。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

USインディー/エモシーンと共鳴するバンド、Bearwearが映す若者の景色 | Music DNA#25

韓国と日本の音楽シーンを繋ぐYonYon。躍進を続ける彼女の葛藤とは|Music DNA #001

ravenknee

エレクトロサウンドの可能性を求めて。ravenkneeの挑戦 | Music DNA #37

稀代の音楽家・小島裕規のクリエイティビティの源泉とYaffleとして目指す先とは | Music DNA #28

日本の音楽シーンを拡張する国際派ヒップホップ・クルーCIRRRCLEのダイバーシティ | Music DNA #30

バンドでもヒップホップでもない。人懐っこさと無機質さが共存するMomの音楽性| Music DNA #35

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

猫と暮らすアウトドア好きライター。

PHOTOGRAPHER

後藤倫人

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

AUTHOR

Photographer

後藤倫人

Writer

久野麻衣

猫と暮らすアウトドア好きライター。

RELATED ARTICLE

関連記事

To the Paraiso. -Where is the paradise drawn by Kengo Kakudate, from Yogee New Waves-【Archive】|the future magazine

It's been a year since Yogee New Waves released album "PARAISO". Now they released the 2nd album "WAVES", and moved to a major label and became an unquestioned band. After release the escaped album, they probably know what they should do as a musician and where should they go while thinking about next plan.

To the Paraiso. 〜Yogee New Waves角舘健悟が描く楽園はどこにある〜【Archive】|the future magazine

『PARAISO』をリリースして1年。今では2ndアルバム『WAVES』をリリースし、メジャーへの移籍も果たし押しも押されぬ存在となった彼ら。逃避的なアルバムをリリースした後、次の一手を探す渦中でありながら、既に自分の目指すべき場所・音楽家として成すべき行為はこのとき既に見えていたのかもしれない。

Yogee New Wavesの新AL『BLUEHARLEM』詳細発表&6月から14会場巡るツアーも

Yogee New Wavesのニューアルバム『BLUEHARLEM』の詳細が発表された。 3月20日にリリースされる『BLUEHARLEM』。“Bluemin' Days”のアルバムバージョン、“CAN YOU FELL IT”“Summer of Love”に加えて、今回の発表で新たに新曲“Good Night Station”“emerald”“SUNKEN SHIPS”が収められることがわかった。 また初回限定盤に付属するDVDには、昨年の3月から行なわれたアジア4公演『Bluemin'...

ザ・おめでたズが選ぶ『今年のベストソング2018』PREP、SIRUPなど | 12月連載2/5

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、プレイリスト連載企画。12月は年間ベスト。ザ・おめでたズのメンバーが作成したプレイリストを今月5回に渡ってお届けしていきます。

DAILY VELOCITY CHART

毎日更新。再生回数が急上昇した今話題の楽曲チャート

みんなが聴いた人気曲デイリーランキング 1位にあいみょん、ピックアップにiri、Kan Sano

HOW TO STREAMING

各ストリーミングサービスの使い方紹介

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
ベースに加え、ギター、鍵盤やサックスなども演奏するマルチプレイヤー、河原太朗のソロ・プロジェクト。
Yogee New Waves、KANDYTOWN、sumikaなど様々なバンドやアーティストのレコーディングに参加する他、RyofuのEP『Blur』では共同プロデュースも務めるなど、その活動は多岐に渡る。
数年前よりソロでの楽曲制作を始め、昨年12月にTENDRE名義での6曲入りデビューEP『Red Focus』をリリース。
同作がタワーレコード“タワレコメン”、HMV“エイチオシ”、iTunes“NEW ARTIST”、スペースシャワーTV“it”に選ばれるなど、各方面より高い評価を獲得。
続いて、配信限定でリリースしたシングル『RIDE – SOFTLY』からのリード曲「RIDE」はJ-WAVE“TOKIO HOT 100”にて最高位12位を記録するなどスマッシュヒット。
デビューから僅か半年で熱い注目を集めている。

また、FUJI ROCK FESTIVAL、Sweet Love Shower、Sunset Liveなど国内の様々なフェスへの出演を果たした他、CHARAや、SOIL&”PIMP”SESSIONSのダブゾンビ、パスピエの露崎義邦、andropの前田恭介がそのライブ・パフォーマンスをSNS上で言及し話題となるなど、サポートメンバー4人を迎えたバンド編成でのライブの完成度も高い評価を集めている。

閉じる