「自分を開放させる時代」に生きるTENDRE・河原太朗が音楽と向き合う姿勢 | Newave Japan #33

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Newave Japan』。33回目はソロプロジェクトTENDREとして1stアルバム『NOT IN ALMIGHTY』をリリースした河原太朗。3人組バンドampelのボーカル&ベースやマルチプレイヤーとして多彩な活躍を見せる彼の音楽ルーツとTENDREの表現について伺いました。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

PHOTOGRAPHER

後藤倫人

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

RELATED ARTICLE

関連記事

思考・表現を追求するRICK NOVAを動かすものとは | Newave Japan #46

DIGLEオススメ若手アーティストのインタビュー企画『Newave Japan』。46回目は音楽・ファッションなど多方面で活躍し、新作EP『PHENOMENON』をリリースしたラッパーのRICK NOVA。

「変わらないのは、かっこいいことしかやりたくないということ」オーバーグラウンドに活躍する KEIJUの胸中

YOUNG JUJUとして活動していた頃からKANDYTOWNのなかでも頭角を現していたKEIJU。様々なコラボレーションを経て出されたe.p.やRIRIとの競演を経て、改めて自分のあり方・スタンスを問い直しているようでもあった。9月1日PARA-で披露されるパフォーマンスを前に現在の胸中を探った。

KANDYTOWNの新アルバム『ADVISORY』10月発売&収録曲“HND”先行配信

KANDYTOWNのニューアルバム『ADVISORY』が10月23日にリリースされる。

Gateballersが奏でるエロスとタナトス、そして愛と希望について | Newave Japan #47

DIGLEオススメ若手アーティストのインタビュー企画『Newave Japan』。47回目は独創的なサイケポップを生み出すGateballersが登場。濱野夏椰(G&Vo)が制作したプレイリストをと『Infinity mirror』を肴に、キャリアの変遷から音楽背景へと迫る初のメンバー3人インタビュー。

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

ベースに加え、ギター、鍵盤やサックスなども演奏するマルチプレイヤー、河原太朗のソロ・プロジェクト。
Yogee New Waves、KANDYTOWN、sumikaなど様々なバンドやアーティストのレコーディングに参加する他、RyofuのEP『Blur』では共同プロデュースも務めるなど、その活動は多岐に渡る。
数年前よりソロでの楽曲制作を始め、昨年12月にTENDRE名義での6曲入りデビューEP『Red Focus』をリリース。
同作がタワーレコード“タワレコメン”、HMV“エイチオシ”、iTunes“NEW ARTIST”、スペースシャワーTV“it”に選ばれるなど、各方面より高い評価を獲得。
続いて、配信限定でリリースしたシングル『RIDE – SOFTLY』からのリード曲「RIDE」はJ-WAVE“TOKIO HOT 100”にて最高位12位を記録するなどスマッシュヒット。
デビューから僅か半年で熱い注目を集めている。

また、FUJI ROCK FESTIVAL、Sweet Love Shower、Sunset Liveなど国内の様々なフェスへの出演を果たした他、CHARAや、SOIL&”PIMP”SESSIONSのダブゾンビ、パスピエの露崎義邦、andropの前田恭介がそのライブ・パフォーマンスをSNS上で言及し話題となるなど、サポートメンバー4人を迎えたバンド編成でのライブの完成度も高い評価を集めている。

閉じる