To the Paraiso. 〜Yogee New Waves角舘健悟が描く楽園はどこにある〜【Archive】|the future magazine

『PARAISO』をリリースして1年。今では2ndアルバム『WAVES』をリリースし、メジャーへの移籍も果たし押しも押されぬ存在となった彼ら。逃避的なアルバムをリリースした後、次の一手を探す渦中でありながら、既に自分の目指すべき場所・音楽家として成すべき行為はこのとき既に見えていたのかもしれない。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

「信じられない未来はやってくる」と、スペインの少女が語る理由【Archive】|the future magazine

日本/海外の境界を越えて、最前線で音楽を鳴らすために【Archive】| the future magazine

ANANがPAELLASにおける自分の役割を理解しつつあると語る理由【Archive】|the future magazine

「ずっと負け続けてきたけど、ようやく光が見えてきた」Mattonが語るPAELLAS結成6年目の自負と覚悟【Archive】|the future magazine

「よく分からない人で終わりたくない」 綿めぐみに芽生えた表現者としての自覚【Archive】|the future magazine

「敗北宣言」をした自分にしかできないこと【Archive】|the future magazine

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

Hiroyoshi Tomite

PHOTOGRAPHER

Kodai Kobayashi

AUTHOR

Photographer

Kodai Kobayashi

Writer

Hiroyoshi Tomite

RELATED ARTICLE

関連記事

「信じられない未来はやってくる」と、スペインの少女が語る理由【Archive】|the future magazine

10代で直情的な音楽を奏でる彼女たちの動画を見て気に入り、スカイプインタビューをしたスペインのガレージバンドMOURNたち。今彼女たちは変わらずバルセロナを拠点に活動し、今年3rdアルバム『Sorpresa Familia』を完成させた。彼らは未だ来日はないが、いつも笑顔はじける活動の様子をSNSで見せてくれている。今度は差し向かいで話せる日を心待ちにしたいと思っている。

「よく分からない人で終わりたくない」 綿めぐみに芽生えた表現者としての自覚【Archive】|the future magazine

プロデュースにTOKYO RECORDINGSが主宰を務める小袋成彬。その彼の語り部として機能していた綿めぐみという存在について。以来音楽活動を中止した彼女の貴重なインタビューとなった。

To the Paraiso. -Where is the paradise drawn by Kengo Kakudate, from Yogee New Waves-【Archive】|the future magazine

It's been a year since Yogee New Waves released album "PARAISO". Now they released the 2nd album "WAVES", and moved to a major label and became an unquestioned band. After release the escaped album, they probably know what they should do as a musician and where should they go while thinking about next plan.

栁 俊太郎/東京のプリンスたち01 〜Behind the scene〜【Archive】|the future magazine

役者やモデルとして活躍する柳俊太郎の撮影を行ったのは海辺の見える工業地帯だった。東京の外れまで向かう小さなバンの中で東京への憧れについて、地元を思い出しながら、上京までのヒストリーとカルチャーへの憧れなどについて口数少なにぽつらぽつらと正直な言葉を語ってくれた。奇しくも誕生日前日ということもあって、いろいろな話がこぼれた。

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
角舘健悟
東京を中心に活動する音楽集団Yogee New Wavesのギター&ボーカル。都会におけるPOPの進化をテーマに活動中。
はっぴいえんど、松任谷由実、山下達郎、サニーデイサービス、フィッシュマンズ。偉大な日本ポップミュージックの恩恵を存分に受けた彼ら平成世代にしか表現できないポップミュージックを奏でている。

※掲載当時のプロフィール文を流用。
閉じる