「よく分からない人で終わりたくない」 綿めぐみに芽生えた表現者としての自覚【Archive】|the future magazine

RELATED ARTICLE

関連記事

日本/海外の境界を越えて、最前線で音楽を鳴らすために【Archive】| the future magazine

To the Paraiso. 〜Yogee New Waves角舘健悟が描く楽園はどこにある〜【Archive】|the future magazine

ANANがPAELLASにおける自分の役割を理解しつつあると語る理由【Archive】|the future magazine

「敗北宣言」をした自分にしかできないこと【Archive】|the future magazine

「信じられない未来はやってくる」と、スペインの少女が語る理由【Archive】|the future magazine

「ずっと負け続けてきたけど、ようやく光が見えてきた」Mattonが語るPAELLAS結成6年目の自負と覚悟【Archive】|the future magazine

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

Hiroyoshi Tomite

PHOTOGRAPHER

Yukiko TANAKA

AUTHOR

Photographer

Yukiko TANAKA

Writer

Hiroyoshi Tomite

RELATED ARTICLE

関連記事

【毎日プレイリスト】小袋成彬が作成したプレイリスト『分離派の春』

DIGLE MAGAZINE編集部がオススメプレイリストを毎日お届け。2018年4月25日(水)に1stアルバム『分離派の夏』をリリースする小袋成彬が作成したプレイリスト「分離派の春」をご紹介。

the future magazineが復刊 ヨギー、PAELLAS、栁俊太郎など貴重な過去インタビューも再公開

15年1月にスタートし、16年7月の更新を最後に休止していたwebマガジン『the future magazine』がDIGLE MAGAZINE内で復活することとなった。当時公開されていた記事も再公開され、1月からは新たな記事コンテンツが展開される。

「敗北宣言」をした自分にしかできないこと【Archive】|the future magazine

2015年にフレンズを結成し、今や押しも押されもせぬ地位を得た関口塁。しかし当時彼は葛藤し、道に迷っていたのを覚えている。彼はインタビュー内で「自分にはカリスマ性はない」「ユースカルチャーの軸に離れない」と話していた。そんな現状認識を持ったからこそ、彼はフレンズー文字通り友達たちと一緒にーというバンドを組み、来年1月にはNHKホールでのライブが決まっている。

To the Paraiso. 〜Yogee New Waves角舘健悟が描く楽園はどこにある〜【Archive】|the future magazine

『PARAISO』をリリースして1年。今では2ndアルバム『WAVES』をリリースし、メジャーへの移籍も果たし押しも押されぬ存在となった彼ら。逃避的なアルバムをリリースした後、次の一手を探す渦中でありながら、既に自分の目指すべき場所・音楽家として成すべき行為はこのとき既に見えていたのかもしれない。

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
綿めぐみ
香港生まれ、インターネット育ち。アニメ、漫画、ゲームをこよなく愛する。2014年7月にインターネット上に楽曲「災難だわ」をアップデート。国内外のメディアから「謎の美少女」として紹介される。2016年3月16日には未収録の2曲を含む『災難だわー完全版ー』が再販決定。

※掲載当時のプロフィール文を流用。
閉じる