Novelbrightが今年愛聴した楽曲プレイリストを公開。そこから紐解く、バンドが見据えるビジョンとは

Topics

文: 黒田隆太朗  写:遥南 碧  編:久野麻衣

新曲『あなたを求めただけなのに』をリリースした、Novelbrightにインタビュー。メンバー全員がセレクトした「2020年よく聴いた曲」プレイリストから、個々の音楽観とバンドの哲学に迫る。

路上ライブの様子を映したTikTokやTwitterでバズを起こし、みるみるうちにシーンでの存在感を強めていったNovelbright。8月には『Sunny drop』でメジャーデビューを果たした彼らが、早くも2作目のシングル『あなたを求めただけなのに』をリリースした。

今回のインタビューでは、彼らの個々の音楽的趣向に迫るべく、メンバー全員にセレクトしてもらったプレイリストを用意してもらった。いわば5人それぞれのミュージシャンとして理念を紐解き、そこからバンドの哲学に迫ろうという取材である。「個々はかけ離れているけど、バンドになった時に結束する」というNovelbrightのメカニズムと、次なる課題は「アイコン性」だという、その理想のビジョンを語ってもらった。

歌が上手いことが大前提

ーメンバー全員に「2020年によく聴いた曲」というテーマでプレイリストをいただきました。おひとりずつお話を伺えればと思いますが、まず雄大さんはこの中で最も聴いた曲はなんですか?

インタビュイー画像

雄大:

「Dance Monkey」ですね。この曲はカラオケでもよく歌うくらい好きです。日本でも同じフレーズの繰り返しの曲って売れると思うんですけど、この曲の<Dance for me, dance for me, dance for me, oh-oh-oh>っていうラインがずっと頭に残っていて。本当に何回も聴いてましたね。

ー国内の音楽からは、ワンオクが入っていますね。

インタビュイー画像

雄大:

ONE OK ROCKの「Wasted Nights」は、僕が今年一番元気をもらった曲です。ちょうど僕らが自粛中の間に、「Wasted Nights」の映像がYouTubeにアップされたので、それもマジで100回くらい観てましたね。他の4曲は全部今年売れている洋楽ですけど、僕は毎日Apple MusicやSpotifyのサブスクチャートをチェックしていて、その中でも僕が口ずさむくらいよく聴いていた楽曲です。

ー世界的にヒットしている曲を多く選ばれていますが、Novelbrightもビジョンとして海外での活動を見据えているところはありますか。

インタビュイー画像

雄大:

もちろん。僕は始めた時からそこを見据えて活動しています。Novelbrightが現段階で、世界を見据えた活動をしているかって言われたら正直まだできていないんですけど。今は地盤を固める時というか、日本人として母国で聴かれたい気持ちがあって。

ーなるほど。

インタビュイー画像

雄大:

そして、僕らがいざ本格的に海外でやっていこうってなった時、ただその時の流行をやるだけではなく、自分たちの芯は守りつつその時やりたいことを模索していけたらと思ってます。

ーこのバンドの芯にあるものはなんだと思いますか?

インタビュイー画像

雄大:

キャッチーなことですね。たとえば今世界的に流行っているからって、ヒップホップをやろうってことにはならないし、しっかりと自分達の歌を届けていくことが大事だと思います。耳馴染みのいい曲をお客さんに届けるということは揺るがないまま、その時々でやりたいことを臨機応変にやっていきたいですね。

ースタジアム級のライブを行えるアーティスト中心のセレクトになったのは、必然かもしれないですね。

インタビュイー画像

雄大:

今回選んだ曲すべてに共通することなんですけど、全部歌が上手いんです。

ーまさしくそうですね。

インタビュイー画像

雄大:

僕は歌上手い人が正義やと思っています。本当に音楽が死ぬほど好きなのでいろんな音楽を聴きますし、もちろんJ-POPも沢山聴いているんですけど。正直歌唱力で言えば海外の人のほうが上手い人が多いんですよね。

ー逆に言うと、ご自身もそこを一番磨き上げようとしている?

インタビュイー画像

雄大:

そうですね。歌が上手いことが大前提です。で、僕は上手い歌を聴くことが、歌が上手くなるためには一番やと思ってるんですよ。上手い歌を聴くことで自分の中でイメージが膨らんでいって、その人から刺激を受けて自分も上手くなる。だから僕は、自然と歌が上手い人の音楽を好きになるんだと思います。
次ページ:クリエイター目線で聴いていた

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

Dr.ねぎ Gt.沖聡次郎 Vo.竹中雄大 Gt.山田海斗 Ba.圭吾
Vo.雄大の心を震わす圧倒的な歌声、一度聴いたら忘れられない確かなメロディワーク、細部まで練りこまれた楽曲アレンジに定評がある、大阪出身5人組ロックバンド。
2013年にオリジナルメンバーで結成。2019年1月に現体制となり、同年7月に開催した「どチクショー路上ライブTOUR」がSNS・口コミで大拡散、瞬く間にその名を全国へと広める。路上ライブ卒業後も各種ストリーミングチャートでロングヒットを続け、インディーズアーティスト史上初のレコード協会ストリーミング認定(ゴールド)されるなど大躍進を続ける。「2020年ブレイク必至」とあらゆるメディアでピックアップされる、2020年期待のニューカマー。8月17日21:00にDigital Song「Sunny drop 」でユニバーサル ミュージック / ユニバーサル シグマよりメジャーデビュー。
閉じる