THE CHARM PARKが奏でる癒し。『Bedroom Revelations』に込めた想い

Topics

文: 黒田隆太朗  写:山本絢子 

THE CHARM PARKがメジャー3作目のフルアルバム『Bedroom Revelations』をリリース。ナイロンギターを基調に、ベッドルームで作られたという心温まる一作を紐解く。

THE CHARM PARKが爪弾くナイロンギターの音色には、彼の祈りが詰まっている。感情を音に乗せるのが上手い作家なのだ。日記のように歌詞を綴り、ベッドルームで録音されたというメジャー3作目のフルアルバム『Bedroom Revelations』。囁くような声とオーガニックな音を基調に作られた、実にハートフルな一作である。

かねてからバックグラウンド・ミュージックを作りたいと口にしていたTHE CHARM PARKだが、本作のまろやかな作風は、きっとコロナ禍とも無関係ではないだろう。 暗い時代にも心穏やかな時間を与えたいという、暖かく慈しみ深い想いが込められているように思う。どこか生活の匂いを感じさせる音色からは、親近感と共に包容力を感じるはずだ。

アイルランドの作家によって書かれたという、ふたりが溶け合うように抱き合う一筆書きのジャケットも魅力的だ。これは音のハンモックに揺られて眠りにつくような、憩いの音楽である。最愛の人を思い浮かべて聴いてほしい。

自信を持って聴かせるベッドルームの音

ー去年取材させていただいた時には、コロナ禍になる前からバックグラウンド・ミュージックを作りたい気持ちがあって、その2020年の春にリリースされた「ad meliora」は、その最初の一歩になる予定だったと言われていましたね。

はい、そうですね。

ー『Bedroom Revelations』はまさにそうした方向性で作られたアルバムなのかなと思います。

メジャーデビューをした2018年以降に作ったアルバムを振り返ってみると、音大に行ったせいもあってか、作品の中に色々なジャンルを入れてしまっている自分がいて。例えばそれらをどこかのお店だったり、ホームパーティなんかで流した時、最後まで同じ感覚で聴けるかと言ったら、そうではない気がしたんですよね。名盤にはそうした作品があると思うので、これからもバラエティに富んだものを作りたい気持ちはあるんですが、今回は実験でこういう作品を作ってみようかなと。一番わかりやすく絞ったのは、ギターをナイロンギターのみで作ったところですね。

ーまさにそれがこの音楽の温かみを生み出している要素だと思います。ナイロンギターにこだわったのには何か理由があったんですか?

制作する時にはプロデューサー目線で考えている自分と、アーティスト目線で見ている自分のふたりがいるんですが、前者の目線で考えた時、今回はちょっと自分に制限をかけてみようと思ったんですね。その状態でどれくらい広げて行けるか試してみたかったところもありました。

ーなるほど。

それともうひとつ、単にナイロンギターの音を凄く気に入っていたというのもあります。それで去年、一昨年ぐらいから、ガットギターの音を復活させたい自分がいたんですよね。ポップスをガットギターのみでやってる人は減ってきてるような気もするんですが、僕自身は最近ギターの音をよく聴くようになっています。

ー特に聴かれている音楽はありますか?

去年よく聴いていたのは、Jay Somです。北カリフォルニアを拠点にDIYで作ってる東南アジア系のアメリカ人で、彼女の音楽は凄く良いですね。僕は世代的にスマパン(The Smashing Pumpkins)を連想してしまうんですが、スマパンのような切なさがあって、曲の質感が凄く好きです。あとはSnail Mailもよく聴いていました。最近は女性が弾くギターをよく聴いていますね。

ーなるほど。では、チャームさんにとって素晴らしいアコースティック・ミュージックと言えばなんですか。

ジミヘン(Jimi Hendrix)の曲で、彼が亡くなった後にリリースされた「Angel」というデモ曲が凄く良いです。家で撮った音楽で、凄く惹かれます。

ーその飾らなさに惹かれるところがあるんですかね?

完璧すぎる音楽が当たり前になってきていて、僕より若い世代はそうした音楽を自然と聴いているんだと思いますが、僕からしたら不器用さとかアーティストの人間味が出ている方が素敵だなと思います。まあ、歳を取ったということでしょうけどね(笑)。そうしたアーティストを好きになる傾向があります。

ー今作に影響を与えた音楽ってありますか。

ベッドルームポップを作っているアーティストたちです。彼らには“部屋で録っているのがバレても良い”っていう大胆さや、自信がありますよね。今までの僕では、“ベットルームで作っているのに、スタジオと変わらないクオリティで出したい”っていう自分がいたんですが、今回は自分の部屋で録った音をそのまま自信を持って聴かせようという気持ちがありました。

ーそれが『Bedroom Revelations』というタイトルになっているんですね。

「Revelations」は「気付き」や「発覚」という意味で使っていますが、自粛期間中に寝室で制作していて、ニュースを見ながら何もできない状態の自分が思ったこと、そこで気付いたことをちょっとずつ歌詞に起こしていったんです。本当にこの1年ほどで感じたことを綴った、日記の様な作品になっています。

次ページ:光を感じる曲

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

山本絢子

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

シンガーソングライター、Charmによるソロユニット。
8歳から24歳までアメリカで過ごし、歌、ソングライティング、演奏をほぼ 1 人で行い作り上げる叙情的で美しい音世界とオーガニックかつダイナミックな楽曲スケール、緻密なメロディセンスとアレンジ力に全世界の音楽人が注目する新世代ポップス職人。ASIAN KUNG-FU GENERATION、V6、三代目 J SOUL BROTHERS ボーカリスト登坂広臣などに楽曲提供や Monky Majik のコラボアルバム「COLLABORATED」に「Funny Faces」で参加、さらにCMやタイアップなどクリエイターとしても注目を集めている。
2020年4月から放送のTVアニメ「フルーツバスケット」2nd season エンディング主題歌「ad meliora」が配信。

2015 年、 1st ミニアルバム『A LETTER』から本格的な活動をスタート。 新人にもかかわらずタワレコメンに抜擢され、早耳リスナーの注目を集めた。
『A LETTER』リリース以降、各方面から作曲や歌唱、演奏の依頼が後を絶たず、大橋トリオ、南波志帆など現在参加中のプロジェクト多数。

2016年、12月には2nd mini album『A REPLY』リリース。
Apple Music が今最も注目すべき新人アーティストをピックアップする企画「今週の NEW ARTIST」や、収録曲「そら」が TOKYO FM「クロノス」レコメンドソングに抜擢。

2017年 、5月には新曲「Dreamers」が起用された SEIKO の新企業CM「ただの数字じゃない。Dreamers 篇」が公開。
同年7月からスタートした東名阪ワンマンツアーはチケット発売からわずか 2 日で SOLD OUT を達成。
7月リリースの配信シングル「Starry」は日本テレビ系「PON!」8 月エンディングテーマソングに抜擢。8月にオンエアされたテレビ朝日系列「関ジャム 完全燃 SHOW」で「音楽業界のクセ者が選ぶ、次来るアーティスト」として大々的に紹介され一躍注目を集める。 11月には自身初となるfull album『THE CHARM PARK』をリリース。

2018年、フジテレビ「ストリートワイズ・イン・ワンダーランド―事件の方が放っておかない探偵―」の主題歌「ワンダーランド」を3月に配信リリース。 6月には、日本郵便 かもめ~る Web動画”ラストセーラー”篇 主題歌をリアレンジした新曲「カルペ・ディエム」や、竹内涼真が出演のメナード 薬用ビューネ2017/ 2018 TVCMソング「フォー・ユー」と話題のタイアップソングを収録したシングル「カルぺ・ディエム / フォー・ユー ep」、そして7月にSEIBU SOGO「2018年全国一斉母の日テスト」WEB動画楽曲で使用された新曲「Mothers」を収録した「Mothers ep」を2カ月連続配信リリース。
12月にはメジャー1st full album『Timeless Imperfections』を二枚組でリリース。リード曲「Imperfection」はラジオオンエア総合チャート2週連続1位・12月度1位を獲得。

2019年、1月から初の5大都市全国ツアー「THE CHARM PARK Timeless Imperfections Tour 2019」を開催。
4月にはテレビアニメ「ブラッククローバー」第7クールエンディングテーマとなる「花が咲く道」、5月にはSEIBU SOGO「母の日テスト 2019」WEB動画楽曲「Stars Colliding」を配信リリース。7月には3rd mini album『Standing Tall』をリリース。同月、Billboard Liveにてワンマンライブを東京・大阪にて開催。同年11月には自身の活動を始めた2014年11月に自主制作し現在入手困難となった限定アルバム『Reverse & Rebirth』をリリース。12月には東京、大阪にて『THE CHARM PARK Reverse & Rebirth in OSAKA / TOKYO』を開催しSOLD OUT。

2020年、初の7大都市全国ツアー『THE CHARM PARK TOUR 2020』を開催。ファイナルの恵比寿LIQUID ROOMは満員御礼。翌日にはツアーで演奏してきた新曲、「Renaissance is Over」を配信リリース。4月から放送のTVアニメ「フルーツバスケット」2nd season エンディング主題歌「ad meliora」が配信。

Official Twitter: https://twitter.com/thecharmpark
Official Instagram: https://instagram.com/thecharmpark/
Official Facebook:https://www.facebook.com/THE-CHARM-PARK-151336072399156/
閉じる