シキドロップが描く祈りの物語。三部作の最終章『イタンロマン』に込めた想いとは。

文: 黒田 隆太朗 

シキドロップが三部作の最終章となる新作『イタンロマン』をリリース。宇野悠人、平牧仁両名のルーツを紐解きながら、バンドの音楽観と新作に込めた想いに迫る。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

YouTuberとしてカバー動画が過去に年間再生動画ランキング1位を獲得、1億回以上総再生されているVocalの宇野悠人と「トッキュウジャー」、ミュージカル「テニスの王子様」など俳優として舞台、テレビ、映画のキャリアも持ちながら音楽活動を続けてきたPianoの平牧仁が出会い、2017年12月に結成。すぐさま1stシングルとなる「おぼろ桜」をリリースする。

人生の様々な瞬間を音楽で彩れたらと2018年、8月に夏曲「ホタル花火」、10月に秋曲「さくら紅葉」をリリース。SNSなどで圧倒的な広がりをみせ、CDリリースもないままに11月、渋谷duo MUSIC EXCHANGE で行われた1stワンマンライブ「シキハメグル」を満員御礼で大成功に収めた。そして12月には冬曲の「なごり霙」をリリースし、春夏秋冬を締めくくる。

2019年3月に「さよなら」のメッセージと共に巡っていく四季をテーマとした1stミニアルバム「シキハメグル」をリリース。そして、オーディエンスと1つの空間をよりダイレクトに共有できる、Homeのような場所になる「宴」というライブを開催させる。3月に「宴~春の宵~」、6月に「宴~夏の夜半~」、9月に「宴~秋の待宵~」とシリーズ化された。

2020年、1月「行進する怪物」、2月「先生の言うとおり」、4月「涙タイムカプセル」のMVを人気イラストレーターのsakiyamaとコラボレーション3部作として公開した。SNS社会の歪みにシニカルなメッセージが込められた衝撃的なミュージックビデオは話題となり、4月にはネット世代らしいエッジの効いたメッセージ色が際立つ2ndミニアルバム「ケモノアガリ」をリリースする。

5月にワンマンライブを開催する予定だったがコロナ禍で中止となり、活動を模索する中、配信ライブ「シキドロップONLINE LIVE 2020」を開催し、普段とは違った新たな形を提案した。そして6月には、2ndミニアルバムでラストを飾った楽曲「心」をリカット的なMVとして公開した。10月にはASMR×演劇をコンセプトにYouTubeで公開されたショートドラマ「DUMMY 2032」の主題歌として起用された「育つ暗闇の中で」をリリース。

そして2021年、シキドロップの新たな物語が始まる。新世代の鋭い感性で普遍的な情景とストーリーを時に優しく、時に激しくとドラマチックに描くその世界観は、多くの人の記憶に突き刺さるだろう。
閉じる