無意味を愉しむ詩人・天川悠雅。ギリシャラブの新作『ヘヴン』から見る詞の真髄

Topics

文: 黒田 隆太朗  写:Yosuke Demukai 

ギリシャラブが独立後初となる新作、『ヘヴン』をリリース。新曲を紐解きながら、ボーカル・天川悠雅の綴る詞の真髄に迫る。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

Yosuke Demukai

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

孤独な世界をなくしたい。Grace Aimiが創作に込める想い| Newave Japan #54

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

孤独な世界をなくしたい。Grace Aimiが創作に込める想い| Newave Japan #54

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

POPULAR

人気記事

2014年、京都にて結成。現在は活動拠点を東京に移し活動している。

2015 年、SIMPO RECORDS よりファーストミニアルバム『商品』を発売。

2016 年には、同作品収録の楽曲『無人島』が、無名にも関わらずInter FM がオススメするニュー・リリース“ Hot Picks” に選出される。

同年、Helga Press より発売された京都の若手音楽家のコンピレーション・アルバム『From Here To Another Place』に参加。

2017年3月15日にファーストフルアルバム『イッツ・オンリー・ア・ジョーク』をミロクレコーズから発売。

2018年1月17日にドレスコーズ志磨遼平監修のレーベルJESUS RECORDSから移籍第1弾の作品となる『(冬の)路上』を発売。

2019年4月3日にJESUS RECORDSからセカンドフルアルバム『悪夢へようこそ!』を発売。

2020年9月には盟友のバンド本日休演との自主制作スプリットEPシングル『遠い暮らし / (ピカロ、ドン・ファン、ナルシスの末裔による)人類詩』を数量限定でリリース。ギリシャラブオンラインストアのみでの販売ながら1日で完売した。

メンバー:
守屋咲季 中津陽菜 天川悠雅 取坂直人 山岡錬
閉じる