向井太一のストリーミングとの向き合い方と2018年のベストトラック|新作『PURE』インタビュー後編

Topics
今や音楽シーンを語る上で欠かせない向井太一に新アルバム『PURE』について、18年の自身の活動についてのインタビューを前編と後編に分けて実施。後編の今回はストリーミングとの向き合い方から自身が選んだ18年ベストトラック10曲についてお話を聞かせてもらいました。

デジタルは早さ。フィジカルは物として価値あるものを

ー2018年はユーザーもアーティストもストリーミング・サブスクリプションが一般的に浸透していった年だったと思います。向井さんはアーティストの立場として、今の流れで重要視してる点とかはありますか?

向井:

重要視してるっていうよりは、単純にストリーミングになってできるようになったこととして、オントレンドでスピード感もって音源をすぐ出せるようになったと思ってるんですよ。曲ができてからすぐにリリースできるから今ホントに聴いているジャンルとか、今からまさに来るジャンルの作品をすぐ出せるっていうのが、良いなって思っています。リスナー側としても新しい音楽と出会いやすいし、ちょっと気になったことや周囲に拡めるっていう意味でも、便利な時代になったなって思ってます。

ー確かに。スピードを重要視されてるアーティストさんはすごく多いですね。

向井:

そうですね、だからこそ従来のリリースまで時間のかかる形式だと、もう古いみたいな感覚になってしまう、サイクルが早いと感じるジャンルもあるし、そもそもストリーミングやサブスクリプションって、ジャンルとかアーティストの入れ替えがものすごく早く、どんどん新しいジャンルの曲が生まれたりもするから、僕はその流れに対応するために2017年くらいからSoundcloudとかも活用していたので、スピード面ですごく便利だなというか、新しくやれる事だなと思いました。

ーデジタル方式で素早く作品を出して、世の中に届けるっていうのも1つの方法ですが、逆にCDも含めたアナログ、フィジカル的な物もファンとのコミュニケーションとして重要だと思います。そういった使い分けは何か考えていますか?

向井:

やはり物販かなと思っていて、僕が意識しているのは手に取りたくなるようなもの、例えばアートワークだったり紙の質感一つだったり文字のフォントであったりとか、物として価値のあるものを作る事をとても意識するようになりました。『BLUE』では歌詞カードを全部バラバラにして、一つ一つを飾れるようにしたりとか、そういった音楽以外のアプローチをするツールとして使っていこうかなと思っています。ただ音楽を聴くだけじゃなくて、写真だったり文字として見ることによって、全然聴こえ方が変わってくるんじゃないかなと。

ー今回の『PURE』ではグッズは何か面白いものを考えたりしてますか?

向井:

基本はベーシックなやつで、Tシャツ、プルオーバー、ステッカー、タオルですが、1個だけ古いホテルのキーホルダーみたいなものを作っていて、「I’m not pure」って書いてあるんですよね。 他は「I’m pure」で統一しているんですけど、それだけホテルだからちょっとギャグ的に作ってみました(笑)。

ー洒落が利いてますね(笑)。ではユーザーとしてストリーミングはどうやって使われてますか?

向井:

移動中とか、新曲のプレイリストとか聴きますね。ちょっと気になったらすぐ調べられるので新しいジャンルも聴くようになりました。

ー海外の新曲プレイリストとかもチェックしているんですか?

向井:

そうですね。海外が多いかもしれないです。どっちかっていうと海外のサウンドがどういったトレンドになっているんだろうとか、そういう点でチェックするために聴く事は多いですね。

ーどこらへんの国・ジャンルをチェックしていますか?

向井:

R&Bが多くて、地域としては最近はUK寄りですね。でもスウェーデンとか他の国とかもすごく面白いんで聴いてます。

次ページ:向井太一が選ぶ2018年の10曲。今年のベストは?

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Yuya Eto

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

1992 年3 月13 日、福岡生まれ、A 型。シンガーソングライター。

幼少期より家族の影響でブラックミュージックを聴き育つ。その後、地元の音楽高校へ進み、卒業後、2010 年に上京。ジャズとファンクをベースとしたバンドにボーカルとして加入し、東京都内を中心にライブ活動を経て、2013 年より柔軟に音楽の幅を広げる為、ソロ活動をスタート。

ファッション誌のウェブサイトでのコラム執筆やモデルなど、音楽以外でも活動の場を広げる。2016 年3 月、1st EP「POOL」をリリースし、発売日に即完。自身のルーツであるブラックミュージックをベースに、エレクトロニカ、アンビエント、オルタナティヴなどジャンルを超えた楽曲、そして「日本人特有の言葉選び、空間を意識した音作り」で常に進化を続ける新境地を見事に提示し、各媒体・リスナーから高い支持を得る。2016 年4 月、さらにアクティブで自由な制作活動を行うべくインターネットに表現したい音楽をタイムラグなく継続的にアップ。そのオントレンドで自己発信型な音楽活動が目に留まり、TOY’ S FACTORY / MIYA TERRACE とマネンジメント契約し、2016 年11 月には2nd EP「24」をリリース。

2017 年11 月に1st AL「BLUE」をリリース。収録曲の" 空 feat.SALU" は全国ラジオエアモニチャートの総合で一度、邦楽部門で3 週連続の1 位を獲得。さらに、2018 年1 月に東京と大阪で開催された初のツアー"BLUE TOUR 2018”は即日完売。

配信EP「LOVE」を今年6 月27 日にリリースし、8 月に行った全国ツアーもチケットは全公演即完。勢いそのままに11 月には新作「PURE」のリリースを発表。今作を引っさげたツアーも年末から2019 年年明けにかけ、規模を拡大し開催決定。

ライブ活動をメインにジャンル問わず様々な仲間と繋がり継続的にシーンを構築。ハイブリッドなアーティストとして、更なるステータスを目指す為、アグレッシブに活動している。
閉じる