ナチュラルポップのマスコット・しなまゆ。「楽しい!」を届けるバンド理念に迫る

文: 黒田 隆太朗  写:遥南 碧 

デビュー5周年となる7月9日に、しなまゆが新曲「地球最後の夜に」を配信リリース。「自然にポップになってしまう」という3人に人間性から、バンドの根幹を紐解く。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

姫路から世界へ。ボーダーを超えていくShurkn Papの価値観とは | Newave Japan #50

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

姫路から世界へ。ボーダーを超えていくShurkn Papの価値観とは | Newave Japan #50

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

2009

夏にモリユイとタクマ中心でバンドを結成。

2011

6月にウエノハラが参加、正式にバンドしなまゆを結成しオリジナル曲を演奏しながら地元立川HeartBeatにてLIVE活動を始める。
女性Dr脱退後、サポートドラムを入れて現在のバンド編成となり立川HeartBeatより2枚の自主制作盤を発売(SOLD OUT)し精力的にLIVE活動を展開、2013年には都内でも本格的にLIVE活動を始め、8月に渋谷ルイードK2、12月に原宿アストロホールでしなまゆとしてのワンマンLIVEを開催、大盛況を収める。

2014

7月9日1st SINGLE「ストロベリーフィールズ」でデビュー
12月17日1St ALBUM「まえならえ」リリース

2015

初のツアー『高度33000フィートで行く!気持ちなツアー』を敢行

2016

3月9日 mini ALBUM「ヘンシン」リリース

2017

7月26日2nd Album「クランクイン!」リリース
7月28日渋谷eggmanを皮切りに「レコ発記念 しなまゆ”いい湯だな♨ ツアー2017” 」を敢行
ツアーファイナルではMt.RAINIEHALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて「しなまゆ全曲やるよっ!ワンマン」と題した41曲ライブを行う。

2018

4月22日 地元立川の緑町公園で、初の自主企画の野外イベント「たちかわヨカトコ ! Music Park2018 」を開催する。
このイベントを皮切りに「しなまゆUnplugged tour 2018~Living Room~」と題したアコースティック編成によるツアー全8公演を開催。
6月16日 「しなまゆUnplugged tour 2018~Living Room~」のファイナルワンマンを代官山 LOOPで開催。
12月17日 下北沢 MOSAiC にて、BAND編成の自主企画「E-ヲンナ」を開催。
閉じる