iriが語る葛藤と変化。何にも囚われず自然体で歌う『24-25』

Topics

文: 黒田 隆太朗  写:山本絢子 

2020年一発目の作品『24-25』をリリースするiriにインタビュー。25歳になった彼女に訪れた心境の変化とは

聴く者を鼓舞するようなハンズクラップとパワフルなサックス、そして決意表明を綴ったリリック。このエネルギーこそ2020年の彼女のモードだ。変化の1年だったという2019年を終え、iriが2020年一発目の作品『24-25』をリリースする。冒頭のハンズクラップやゴスペル調のコーラスが新鮮な、力強くも美しい1曲である。<ぼやけてく明日を また塗り替えしてく>と歌う『24-25』にはiriの矜持が刻まれているのだろう。「正直でいられる曲をやる」という、その真意を語ってもらった。

変化のあった1年

ー『24-25』はiriさんの作品の中でもパワフルでエネルギッシュな印象を受けました。ご自身にとってはどんなシングルになりましたか?

2019年は変化の1年だったんですよね。デビューしてからは目まぐるしい日々を過ごして、気づいたらもう25歳になってる感じだったんですけど…25歳になってみると、24歳の時には考えなかったようなことも深く考えることが多くなって。自分がどういうアーティストでいたいかとか、いろいろと悩んだ1年でした。そうやって歳を取っていく不安もありつつ、25歳は自分の中で変化のあった年だったので、そこで感じていた葛藤を含めてこれからどうしていきたいかをこの曲を通して歌おうと思いました。

ーそれで<ぼやけてく明日を また塗り替えしてく>と歌う前向きなエネルギーがある曲になったと。

はい。

ー悩んでいたというのはどんなことですか?

「カッコいいサウンドや新しいサウンドを届けてくれるiriさん」って見られがちで、これまではそういう期待に応えなければいけないと、ちょっと囚われていた部分があったのかなと思います。

ーなるほど。

でも、「自分が本当は何が好きなのか」、「本当はどんな風に音楽をやっていたいのか」っていうことに目が向くようになってきて。2020年は自分のベースになった音楽や、本当に自分がやりたいことを突き詰めて表現できたらいいなと思っています。誰かの期待に応えるのではなく、好きな音楽を楽しんでやりたいですね。

ー具体的にどういうサウンドをイメージしていますか?

元々ブラックミュージックが好きなのですが、ジャズやファンク、ボサノバはやってみたいですね。あと、シンプルなギターの弾き語りもまたやりたいと思っています。

ーそうした音楽性の幅広さもiriさんの個性だと思いますが、そこでもブレーキがかかっていたところがあったんですか?

どうしていいか分からなくて、悩んでいたような気がします。私は色々なジャンルの音楽が好きだし、欲張りで色々やりたくなっちゃうんですけど、自分が結局何が好きなのかなど、様々なサウンドに手を出すことで凄く悩む時もあって。鳴らしてみて意外と合わないかもって思うこともあるし、自分の引き出しが足りないと思ったらどうやってインプットすべきかを考えたり、そこで迷ってしまったのかな。たとえば激しいラップもめちゃくちゃカッコよくて憧れるけど、私はラッパーじゃないし、それが出来ない歯がゆさを感じたこともありました。

ー今はどういう答えを見つけていますか?

「この人はこの人って」思うようになりました。今は自分が表現しやすい、正直でいられるものをやろうという気持ちになっていて、「24-25」は自然と仕上がっていった感じでした。自分で聴いても前向きだなと思います。今までなかったような楽曲になったかなと思っています。

次ページ:「24-25」と「SUMMER END」の背景

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

山本絢子

TAG;

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

神奈川県逗子市在住。自宅にあった母のアコースティックギターを独学で学び、アルバイト先の老舗 JAZZ BAR で弾き語りのライブ活動を始め、2014 年、雑誌「NYLON JAPAN」と「Sony Music」が開催したオーディション「JAM」でグランプリを獲得。HIP HOP 的なリリックとソウルフルでリヴァービーな歌声で、ジャンルレスな音楽を展開。2016 年 10 月アルバム「Groove it」でビクター・カラフルレコーズよりデビューし、iTunes Store にてトップ 10 入り、ヒップホップ / ラップチャートでは 1 位を獲得。 2017 年 3 月には、Nike Women「わたしに驚け」キャンペーンソングとなったシングル「Watashi」をリリース。続く 11 月、 EP「life ep」をリリースし、再び iTunes Store のヒップホップ / ラップチャートで 1 位を獲得。ドノヴァン・フランケンレイターやコリーヌ・ベイリーレイのオープニングアクトを務め、Chloe や VALENTINO のパーティーにてパフォーマンスを披露するなど、多方面から注目されている新進女性アーティストである。
閉じる