雨のパレードが探求するポップス。3人体制初のアルバム『BORDERLESS』を語る

Topics

文: 黒田 隆太朗  写:後藤倫人 

雨のパレードが3人体制初のフルアルバム『BORDERLESS』をリリース。ボン・イヴェールやトロイ・シヴァンなど、多様なリファレンスから生まれた新作をメンバー全員で語る

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

後藤倫人

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

孤独な世界をなくしたい。Grace Aimiが創作に込める想い| Newave Japan #54

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

孤独な世界をなくしたい。Grace Aimiが創作に込める想い| Newave Japan #54

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

福永浩平(Vo)、山﨑康介(Gt)、大澤実音穂(Dr)。
2013 年に結成、2016年メジャーデビュー。
80'sPOP、インディR&B、エレクトロハウス、アンビエントなど様々なジャンルと洋邦の枠を超えた音楽性と、アナログシンセやサンプラー、ドラムマシーンなどを取り入れた、バンドという形態に拘らないサウンドメイクを武器に新世代のポップスを提唱する。

2019年に入り現在の3人編成となり、シングル「Ahead Ahead」を発表。バンドとしての“第二章”の幕を開けた。続けて「Summer Time Magic」「Story」を配信シングルとしてリリース。その枠にとらわれない音楽性に、アジアを中心に海外からの注目も高まっている。

2020年1月22日には4枚目のオリジナルアルバム『BORDERLESS』をリリース。
閉じる