雨のパレードが探求するポップス。3人体制初のアルバム『BORDERLESS』を語る

Topics

文: 黒田 隆太朗  写:後藤倫人 

雨のパレードが3人体制初のフルアルバム『BORDERLESS』をリリース。ボン・イヴェールやトロイ・シヴァンなど、多様なリファレンスから生まれた新作をメンバー全員で語る

福永は「シーンに対する不満は少なくなっている」と語っている。たとえば2年前にリリースした『Change your pops』が、まさしく「君のポップスを変える」という宣誓であったことを思えば、今作で掲げた『BORDERLESS』というモードには、彼らの成長だけではなくシーン自体が変わってきたという現状認識があったはずだ。自由を獲得するための闘争ではなく、徐々に自由になってきたシーンの中でどれだけ自在なクリエイティヴを発揮できるか、それが今の作家に求められる資質だろう。ボン・イヴェールやトロイ・シヴァン、FlumeからKH(フォー・テットの別名義プロジェクト)まで、多くのリファレンスが飛び交う会話から、3人体制初のアルバム『BORDERLESS』で見せたバンドの成長に迫った。

リブートする感覚があった

ーこのメンバーになってから初のアルバムです。『BORDERLESS』が3人にとってどんな作品になったのかを聞かせていただけますか。

インタビュイー画像

福永浩平(Vo):

まさに3人体制になってから初めてのアルバムというのが一番大きくて、曲の作り方もライヴのやり方も大きく変わった1年だったので、今の僕らのファーストアルバムという感覚が強いですね。
インタビュイー画像

山﨑康介(G):

これまで以上に僕らの幅を広げられた作品だと思うし、アルバムタイトルの『BORDERLESS』という言葉に象徴されるような作品になりました。
インタビュイー画像

大澤実音穂(Dr):

前作から結構空いたし、ベースが抜けたことでリスナーの方にはこれからどうなるんだろう?って思われたところもあると思うんですけど、蔦谷好位置さんとやらせてもらったり、Dos Monosとやったり、成長できたこの1年10ヵ月がギュっと詰まった作品というか。ひとつ答えが出せたアルバムですね。

ー具体的にどの部分に自分達の成長や新しさを感じていますか。

インタビュイー画像

福永浩平(Vo):

裏テーマじゃないですけど、僕は今作には少しリブートの感覚がありました。昔の曲でやり切れなかったことを、今の曲に落とし込めないかと思って作ったものがいくつかあって。「Material」や「Hallelujah!!」、「Walk on」がそうだと思う。

ー昔できなかったことというのは?

インタビュイー画像

福永浩平(Vo):

たとえば「Count me out」とか「feel」は音の配置や定位、レンジ感の面でまだできることがあったと思うし、アンビのシンセっぽい音も足したらもっとよかったんじゃないかなど、色々思うところがあったんですよね。今回の「Hallelujah!!」では完成したと思った地点から、さらにパーカッション的な扱いで「チャリン」って音を入れたりして。今はライヴでの表現も制限がなくなったので、想像を膨らませながら細部までブラッシュアップできました。

ー山﨑さんと大澤さんは今作の中で手応えのある1曲を挙げるとしたら、どの曲になりますか?

インタビュイー画像

山﨑康介(G):

1曲だけ選ぶのは難しですけど、DTMベースの制作が色濃く出てるのは「Material」です。この曲はオケをほぼデスクトップ上で完結させた曲で、サウンドのセレクトも全部自分達でやっていて、前作までにはなかった一からDTMベースで作った曲なので、自分達にとっても新鮮なサウンドに仕上がりました。
インタビュイー画像

大澤実音穂(Dr):

私は「Walk on」かな。このアルバムの中で生ドラムだけなのはこの曲だけなんです。自分達だけで制作した曲ではありますが、蔦谷さんとやらせてもらったことで色んなことを学べたので、ドラムの録り音やシンセの質感にこだわって、蔦谷さんの技術を取り込んだこれまでの自分達を更新できた曲になったと思います。
次ページ:膨大な音楽背景

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

後藤倫人

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

福永浩平(Vo)、山﨑康介(Gt)、大澤実音穂(Dr)。
2013 年に結成、2016年メジャーデビュー。
80'sPOP、インディR&B、エレクトロハウス、アンビエントなど様々なジャンルと洋邦の枠を超えた音楽性と、アナログシンセやサンプラー、ドラムマシーンなどを取り入れた、バンドという形態に拘らないサウンドメイクを武器に新世代のポップスを提唱する。

2019年に入り現在の3人編成となり、シングル「Ahead Ahead」を発表。バンドとしての“第二章”の幕を開けた。続けて「Summer Time Magic」「Story」を配信シングルとしてリリース。その枠にとらわれない音楽性に、アジアを中心に海外からの注目も高まっている。

2020年1月22日には4枚目のオリジナルアルバム『BORDERLESS』をリリース。
閉じる