多彩な活躍でインドネシア音楽シーンを支えてきた重要人物モンド・ガスカロ氏へ単独インタビュー

文: Yuki Lee  編:久野麻衣

ソロアーティスト、映画音楽作曲家、レーベルオーナーと多彩な活躍でインドネシア音楽シーンを支えてきた重要人物であるモンド・ガスカロ氏。彼のルーツや素顔に迫る。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Yuki Lee

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

姫路から世界へ。ボーダーを超えていくShurkn Papの価値観とは | Newave Japan #50

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

姫路から世界へ。ボーダーを超えていくShurkn Papの価値観とは | Newave Japan #50

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

インドネシア、ジャカルタ出身のシンガーソングライター/作編曲家/プロデューサー。

2007年にRolling Stone Indonesiaでの「インドネシア史上ベストソング150」にインディバンドとして異例ながら選出された重要バンドSORE(ソレ)の初期メンバーとしても知られ、合わせて『Love for Share』をはじめとする数々のインドネシア映画の音楽を手掛けながら、自身でもレーベル『Ivy League Music』を運営する多彩な顔を持つアーティスト。

2012年にSOREを脱退後、2014年末にシングル2曲「Saturday Light / Komorebi」を発表しソロ・プロジェクトを開始。2017年に『RAJAKELANA(邦題:旅する風)』でアルバム・デビュー。日本でのアナログ版は予約時で即完売するなど、インドネシア国外にも根強いファン層を持つ。
閉じる