シンガーソングライターFiJAとビートメイカーKOYANMUSICのコラボアルバム『WAGAMAMA』がリリース!

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

日本とフィリピンにルーツを持つシンガーソングライターのFiJAとプロデューサーでありビートメイカーのKOYANMUSICが、コラボアルバム『WAGAMAMA』を2月11日(金)にリリース。それぞれの作品の温度によってさまざまな顔を見せる二人の音楽性を感じられるような、幅広い表現を昇華した一枚となっている。


シンガーソングライターのFiJAとプロデューサーでありビートメイカーのKOYANMUSICが、コラボアルバム『WAGAMAMA』を2月11日(金)にリリース。それぞれの作品の温度によってさまざまな顔を見せる二人の音楽性を感じられるような、幅広い表現を昇華した一枚となっている。

地元である相模原のラップグループ、SD JUNKSTAのラッパーでありトラックメーカーでもあるKOYANMUSICと、日本とフィリピンにルーツを持ち、アメリカ留学時に経験したゴスペル聖歌隊での経験とR&B/ファンクを融合させたスタイルでコアな音楽ファンの間で人気を集めているシンガーソングライターのFiJA。両者は、ラッパーのHYDRO as BNJとの繋がりで出会い、B.T.Reo 440とKOYANMUSICの共作ビートテープ『Tasty!』をきっかけにコラボ制作をスタートさせた。

キャッチーでコミカルなジャケットだった「Bossy Cat」と打って変わって、ダークでミステリアスな雰囲気を醸し出すジャケットは、FiJAが以前活動していたバンドのメンバーであり、現在は写真家として活動しているTakashi Okawaがポラロイドで撮影したものとなっている。

また、リリースに合わせてタイトルトラック「WAGAMAMA」のMVも公開。去年11月に富士山付近の樹海で撮影され、〈LDH Records〉でも知られるMABUの「SHY LOVE」「GOOD WEEKEND」「MIDNIGHT DREAMINʼ」 を1本に繋げたMV MIXを手掛けた大渕豪貴が監督を務めた。

作品に関する本人のコメントもそれぞれ公開されているので、音源、MVと合わせてこちらも是非チェックしてみてほしい。

コメント

FiJA

今回のKOYANさんとのコラボミニアルバムは、自分表現したいことを何も着飾らずに、良い意味で何も考えず、そして素直な気持ちをそのまま落とし込んだ作品になりました。 

“WAGAMAMA”というのも、そういう自分のやりたいこと、出来ることしかやらないというコンセプトに含まれています。カッコいいサウンドとビートの上で好き勝手に作らせてくれたKOYANさんには感謝です。コラボだから出来たサウンド、ハウスっぽいのからヒップホップに、 ディスコなサウンドと、色んな表情が汲み取れる楽曲達を楽しんで頂けたら嬉しいです!

KOYANMUSIC

去年の頭から密かに進行していたこのプロジェクト、やっとリリースできて一先ず安心しました。

今まで自分の作品に参加して下さった女性シンガーの方達とは単曲でセッションした事はあったんですが、こういう形でパックしてリリースする事が出来てとても嬉しいです!普段は基本的にラッパーとの制作がほとんどで、常々『粋なシンガーといつか纏った作品を作りたい!』と思っていたので、FiJAと引き合わせてくれたラッパーのHydro君には本当に感謝しております。

サウンドは全編被らず、でも統一感があって、質としては粒子の細かい砂の様な、新しいけどヴィンテージ感がある、そんな仕上げにしました。新たな扉も開いたし、兎に角最高なんで皆様是非聞いて下さい!

RELEASE INFORMATION

『WAGAMAWA』

2022年2月11日
FiJA、KOYANMUSIC
FJKY Records

▼Tracklist
1.F.J.K.Y. INTRO
2.Bills
3.I.M.A
4.Future Disco
5.WAGAMAMA
6.Bossy Cat
7.AMAE

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる