ブライアン・イーノ初となる大規模な展覧会<BRIAN ENO AMBIENT KYOTO>が京都で開催!

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

英国出身アーティスト、ブライアン・イーノが、コロナ禍において、初となる大規模な展覧会<BRIAN ENO AMBIENT KYOTO>を開催。音と光がシンクロしながら途絶えることなく変化し続け、その空間のその時に、観客の誰もが違う体験をすることができる、音と光による参加型のインスタレーションが展開される。

英国出身アーティスト、ブライアン・イーノが、コロナ禍において、初となる大規模な展覧会<BRIAN ENO AMBIENT KYOTO>を開催。会場は、築90年の歴史ある建築物「京都中央信用金庫 旧厚生センター」を、建物丸ごとイーノのアートで彩る。

本展では、ブライアン・イーノによる音と光のインスタレーションを中心に展開。音と光がシンクロしながら途絶えることなく変化し続け、その空間のその時に、観客の誰もが違う体験をすることができる、音と光による参加型の空間芸術となっている。

芸術家としての活動のみならず、アンビエント・ミュージックの創始者であり、環境問題にも早くから取り組んできたイーノが、世界的文化都市の地でどのようなメッセージを発するのか。注目の集まる本展に是非足を運んでみてはいかがだろうか。

RELEASE INFOMATION

『BRIAN ENO AMBIENT KYOTO (ブライアン・イーノ ・アンビエント・キョウト)』

2022年6月3日(金)〜8月21日(日)
京都中央信用金庫 旧厚生センター
11:00 – 21:00(入場は閉館の30分前まで)

【前売りチケット】
▼平日
一般  ¥1,800
専 ・大学生 ¥1,300
中高生 ¥800
        
▼土日祝
一般 ¥2,000
専 ・大学生 ¥1,500
中高生 ¥1,000

【当日券】
各200円増
小学生以下無料

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる