Taiko Super Kicks、2021年の傑作アルバム『波』&『石』がアナログ化決定!

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

Taiko Super Kicksが昨年リリースしたアルバム『波』、『石』がアナログ化決定。ミックスは岡田拓郎、レコーディング・エンジニアは澁谷亮が担当。Vinyl仕様のマスタリングはCDと同様Kevin Rattermanが手掛け、アートワークもこれまでと同様に加瀬透によるものでLP用の特別仕様となっている。

Taiko Super Kicksが昨年リリースした最新アルバム『波』と『石』の2作品がアナログリリース決定。〈TETRA RECORDS〉から昨年6月に『波』、8月に『石』を配信リリースし、10月に2枚組CDとしてリリースされた傑作アルバムが一年の時を経て、スペシャルデザインのカラーヴァイナルLPエディションで再登場する。

6月発売の『波』は素朴なリズムボックスを交えたミニマルな要素とオルタナティブなバンド・サウンド、浮遊感のあるニューエイジ~アンビエントな質感が同居し、そこに伊藤暁里(vo.)による個人的な体験によって紡がれた豊かな詩情が見事に融合した1枚。内省的かつエッジーな魅力と、開放感に溢れた心地よさを併せ持った特異なバランス感覚が素晴らしい名作だ。

8月発売の『石』はタイトルの通りに長い年月の中で形を変えていく岩石、あるいは世の中へ投じる小さな一石など、多義的で示唆に富んだ9曲のポップ・ソングが連なるアルバム。伊藤暁里の詩を軸にした、繊細な歌心を甘く静かなサイケデリアで包む独自のサウンドスケープは、現在進行形のオルタナティブ・ロックの到達点というべき素晴らしい1枚に仕上がっている。

ゲストコーラスには米山ミサ)が参加し(『石』収録曲「スジ」 )、ミックスは岡田拓郎、レコーディング・エンジニアは澁谷亮Klan Aileen)が担当。Vinyl仕様のマスタリングはCDと同様、Kevin Rattermanが手掛け、アートワークもこれまでと同様に加瀬透によるものでLP用の特別仕様となっている。

バンドのリスナーはもちろん、普段からアナログを聴く音楽ファンはこの機会に是非手に入れてほしい。

RELEASE INFORMATION

『波』LP

2022年6月予定
Taiko Super Kicks
3,300円(税込)

【Tracklist】
▼SIDE A
1.椅子の椅子
2.リフト
3.えんえい
4.コーンクリーム
5.合間

▼SIDE B
6.火遊び
7.青梅
8.たましい
9.ラッキーG

『石』LP

2022年8月予定
Taiko Super Kicks
3,300円(税込)

【Tracklist】
▼SIDE A
1.スジ
2.たった一本
3.ママさんバレー
4.音楽
5.北欧BLACK

▼SIDE B
6.BS
7.最初の米
8.ぽっち
9.ニューライン

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる