Amazon Music、渋谷にカルチャー発信源となる多目的スタジオ開設!Rec、ポッドキャスト収録などに対応

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

Amazon Musicが3月15日(火)より、アーティストの多様なニーズに対応する為に開発された多目的スタジオ『Amazon Music Studio Tokyo』を渋谷に開設。ライブ配信やプライベートなレコーディング、配信プログラムの収録、ファンミーティング、インタビュー、撮影など様々な用途で使用することができる。

Amazon Musicが3月15日(火)より、オリジナルコンテンツの制作拠点として、アーティストの多様なニーズに対応する為に開発された多目的スタジオ『Amazon Music Studio Tokyo』を東京都渋谷区に開設。スタジオを構成する4つのフロアには、レコーディングロッジ(スタジオ)、ポッドキャストスタジオ、撮影スペースなどが完備されており、ライブ配信やプライベートなレコーディング、配信プログラムの収録、ファンミーティング、インタビュー、撮影など様々な用途で使用することができる。

TORAFU ARCHITECTSが設計したセッションやレコーディングなど多目的に利用できるスタジオは、上品かつ居心地の良い内装が特徴。アーティストやオーディエンス、エンジニアに他では得られない没入感あふれる音楽体験を実現し、TAGUCHI x WHITELIGHTによるオーダーメイドのスピーカーと厳選されたレコーディング・ライブPA用の機材で、アーティストに音楽制作の新たな選択肢を提案していくそう。

さらに、運営開始初日となる3月15日(火)には、いきものがかりのファンクラブ会員限定オンラインイベントが約100 m²の広さを誇るレコーディングロッジにて開催。合わせて現在、Amazon Musicで独占配信されている『西寺郷太の最高!ファンクラブ』や『英語で雑談! Kevin’s English Room Podcast PLUS』等のポッドキャスト番組が今後同スタジオで制作されることも明かされている。

スタジオは今後、音楽や番組制作に留まらず、ファンやリスナーとの繋がりをより強固にするイベントやファンミーティングを行う場、渋谷というロケーションにふさわしい新しいカルチャーの発信地としてスタジオを運営していくとのことだ。 日本、アジアの音声コンテンツの発展を目的としたAmazon Music Japanの動向から目が離せない。

島田和大(Amazon Music Japanディレクター)コメント

音楽のみならずあらゆるコンテンツやカルチャーの発信源である渋谷に、音楽制作やポッドキャスト等の番組制作に加えて、映像制作、ライブ配信やイベント等が実施可能な多目的スタジオを開設できたことを非常に喜ばしく感じております。今後、当スタジオを通じて、今まで無かった新しい音楽体験の創造、及び文化の醸成、そして日本、ひいてはアジアにおける音声コンテンツの発展に寄与して参ります。

INFORMATION

『Amazon Music Studio Tokyo』

▼所在地
東京都渋谷区神南1-6-9 トップヒル神南ビル1-4F

▼設備詳細
レコーディングロッジ(スタジオ)1室、ポッドキャストスタジオ1室、コンテントキャプチャースペース(撮影用スペース)、カンファレンスルーム1室など

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる