ラッパーPEAVISとトラックメイカーNARISKによるジョイントアルバム『MELODIC HEAVEN』がリリース!

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

PEAVISとNARISKによるジョイント・アルバム『MELODIC HEAVEN』がリリース。先行配信曲「Continue! feat. kiki vivi lily」や「Last Dance feat. Rin音」に加え、Helsinki Lamda Clubの橋本薫が参加した新曲など全10曲を収録。

福岡を拠点に活動するラッパーのPEAVISと同郷のプロデューサーNARISKがタッグを組み、ジョイント・アルバム『MELODIC HEAVEN』をリリースした。福岡出身のアーティストらを客演に迎えた本作は、先行配信された「Continue! feat. kiki vivi lily」や「Last Dance feat. Rin音」に加え、新鋭ラップグループDeep Leafより16LOX BLACK BACK、ラップスタア誕生での活躍が話題のSkaai、日本のオルタナティブ・ロックバンドHelsinki Lamda Club橋本薫が参加した新曲など全10曲を収録。

昨年は2nd アルバム『PORTRA¥AL』、EP『Starlight』などのリリースを行い、キャッチーで多彩なフロウと幅広い音楽性を見せていたPEAVIS。本作では、シンプルな構成ながらも様々な感情や人生観をPEAVISの優しい言葉で紡ぎ、PEAVISの世界観を押し広げるべくトラックは全曲NARISKがプロデュースを行っている。お互いの持つ才能が共鳴し、福岡のアーティストらとともに作り上げた、新たなポップスの幕開けを感じさせる作品が誕生した。

また、アルバム収録曲より新曲「Live Long feat. 橋本薫」のMVも公開。切なくも情景豊かなギターサウンドが印象的なトラックに、1度きりの人生への儚さに対し芸術は残り続け、次の世代へと受け継がれていくという想いを乗せたPEAVISのラップと、エモラップ以降の流れを昇華したメロディセンスが光る橋本薫のボーカルが重なり合うナンバーとなっている。

MVのディレクターは、同じく福岡出身の新鋭クリエイターRichardが担当。中学の同級生だったPEAVISと橋本薫の母校周辺で撮影された穏やかな福岡の街並みと、廃墟となった校舎内で撮影された洗練されたビジュアルとの対比が見どころだ。

さらに、4月13日(水)に、アルバム『MELODIC HEAVEN』のフィジカルCDが〈Manhattan Recordings〉から発売される。初回限定盤の特典として、一部収録曲のアカペラとインストゥルメンタル音源をダウンロードできるQRコード付きステッカーが初回プレス限定盤に付属されるので、是非こちらお買い逃しなく。

RELEASE INFORMATION

『MELODIC HEAVEN』

配信:2022年3月30日(水)
CD発売:2022年4月13日(水)
PEAVIS & NARISK
CD ¥ 2,200 (税込)

【Tracklist】
1.Continue! feat. kiki vivi lily
2.Dream Ship feat. 16 & LOX BLACK BACK from Deep Leaf
3.Sad Melody
4.Beach Side in Fkc
5.Last Dance feat. Rin音
6.Peterpan Song
7.ゆっくり
8.Live Long feat. 橋本薫 from Helsinki Lambda Club
9.Passport feat. Skaai
10.Be Changed (Remix) feat. BASHI THE BRIDGE from YELLADIGOS

【初回盤限定 特典内容】
音源ダウンロードQRコード付きステッカー

1.PEAVIS & NARISK – Continue! feat. kiki vivi lily
ボーカルアカペラ / インストゥルメンタル音源
2.PEAVIS & NARISK – Passport feat. Skaai
ボーカルアカペラ / インストゥルメンタル音源
3.PEAVIS – Carrying You feat. YonYon (prod. NARISK)
ボーカルアカペラ / インストゥルメンタル音源

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる