TAMIW、移民者ラッパーMoment Joonを迎えた「HAFU」のセルフリミックスを配信!

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

ポスト・トリップホップバンドTAMIWが、Moment Joonを迎えた「HAFU」のセルフリミックスをリリース。原曲は、アンダーソン・パーク、ロバート・グラスパーなどの作品でも活躍するプロデューサー/ラッパー、シャフィーク・フセイン(The Sa-Ra Creative Partners)が参加し話題となった1曲。

初のEP『Floating Girls』を2月25日にリリースし、gatoを迎えた2マンリリースライブも成功に納めたポスト・トリップホップバンドTAMIWが、“移民者”ラッパーMoment Joonを迎えたセルフリミックス作品をリリースした。原曲「HAFU」は、EP『Floating Girls』リード曲であり、アンダーソン・パークロバート・グラスパーなどの作品でも活躍するプロデューサー/ラッパー、シャフィーク・フセイン(The Sa-Ra Creative Partners)が参加し話題となった1曲。

今回のリミックスは、日韓ハーフの葛藤を英語で歌った原曲にMoment Joonが日本語によるラップを乗せることで、よりダイレクトにメッセージが届く意欲作に仕上がっている。

また、YouTubeにて同リミックスのMVも公開。TAMIW、Moment Joon、シャフィーク・フセインの三者が出演した映像に仕上がっているので、こちらも是非あわせてチェックしてみてほしい。

本人コメント

TAMIW tami

どちらの国なのか。私のアイデンティティの根っこのゆらゆら問題はいまだ解決しません。そして本当は「これが結論です、スッキリしましたね」となることでは無いことも知っています。私のルーツはどちらにも存在し、どちらにも時には受け入れられ、時には拒絶されたように感じながら、生きていくものなのだと思います。それらの不安を国という一見確かで、でも不確かな名前で括ってしまうと”ハーフ””クォーター”という言葉が生まれるのでしょう。

こういった心の機微はいわゆる”ハーフ”ではない皆さんにもあらゆる場面で生まれるものなのだと思います。なのでどうか、自分には関係ないことだな。という気持ちで切り捨ててしまうのではなく、一度この曲を聴いてみてくれたらいいなあと思っています。

TAMIWというバンドは、音楽においても、テーマに関しても本当の多様性を追求する旅の途中です。音楽を通じてさまざまな視点から物事を覗き込み、理解したいと思っています。Shafiqと作り上げたHAFUという作品にMoment Joonという新たな価値観や視点が加わることで、さらに嬉しい化学が生まれました。

きっと色々な声・反応があると思いますが、私が初めて完成音源を聴いたときに感じた、Momentさんの声に頭を撫でてもらったような感覚と感動が少しでも伝われば嬉しいなと思います。

時事刻々と目まぐるしく、騒がしく変化していくこの世の中で一人の人間として立ち、生きていくための力を得る方法はきっとたくさんあるでしょう。私たちの音楽がその力の一部になれたら。それが小さな私、の願いです。

Moment Joon

とても素晴らしくて意味深い曲に参加させていただいて本当にありがとうございます。

曲のテーマがデリケートである分、原曲では日本語を使わないなどリスナーとの距離を取る必要もあったかと思います。ただ、少し気まずいトピックであっても、一度は皆が感じて考えてほしい話だと信じたので、日本語で日本語話者の方々に直接声を伝えるために参加しました。

もう一度素晴らしく、また素直な曲に呼んでいただいて本当にありがとうございます。

RELEASE INFORMATION

『HAFU(feat. Moment Joon [TAMIW remix])』

2022年4月6日
TAMIW,Moment Joon
配信リリース
〈Bigfish Sounds〉

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

TAG;

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる