DURAN、yonawoなど『DIGLE SOUND』プレイリスト全40曲更新|国内アーティスト

News
DIGLE MAGAZINE編集部とセレクターのリコメンド楽曲を集めたウィークリープレイリスト『DIGLE SOUND』。今回はDURAN「Shades Of Night」や、yonawo「After Party」など今週の注目曲をコメント付きでご紹介。

DIGLE MAGAZINE編集部とセレクターのリコメンド楽曲を集めたプレイリスト『DIGLE SOUND』。プレイリストでは、新気鋭アーティストから言わずと知れたトップアーティストまで、国内外のさまざまな最新曲を厳選してお届け中!毎週月曜日に国内アーティスト、第二週&第四週の金曜日に国外アーティストの楽曲を更新しています。

リリースされたばかりの“今聴くべき曲”を『DIGLE SOUND』でチェックしてくださいね!

今週のDIGLE SOUND注目曲

DURAN「Shades Of Night」

インタビュイー画像

Etoo:

イントロの怪しい歪んだギター音からのダンサブルなビートの展開が最高。久しぶりに頭から最後までぶっとべるロックサウンドに出会えました。夏気分先取りできます。

yonawo「After Party」

インタビュイー画像

Mao:

yonawoが今夏必聴の踊れる新曲をリリース!福岡から上京後に制作された最初の楽曲で、一度聴いたら忘れられない繰り返し歌われるフレーズや、思わず口ずさみたくなるようなポップさが魅力。パーティー終わりのチルタイムにぜひ。

Charlotte is Mine「Barefaced」

インタビュイー画像

Asahi :

nana furuyaのソロプロジェクト、Charlotte is Mineが活動開始から5年になる日にリリースした新曲。ピアノ、ギターのシンプルな構成から溢れ出るメロウな空間がとても心地良い一曲です。

リーガルリリー「蛍狩り」

インタビュイー画像

Ishimaru:

近作「東京」など、ある種“社会と個人”を歌う楽曲が続いた中、より根源的な“死生観”を描いた過去曲のリリースに意表を突かれた。だんだんと暖かくなっていく気温と相まって、儚い夏の心象風景を想起させる1曲。

公募DIGGERセレクトコメント

アレンジャーを迎え、彼らが得意とするいわゆるCメロを封印した新境地の意欲作。
イチグラムの僅かな希望に夢を託し駆け出す様が、坦々と繰り返すメロディと徐々に高揚するアレンジで表現されている。
by @nicotte_tomy
聴き心地の良いツインボーカルと洗練されたテクノサウンド by @gexer518_boc
bassであるbisshiの作曲による楽曲。ポップ味がありながら甘くもない程よさ。by @kamanaupaka

新曲ディグる!おすすめの最新曲を募集中

DIGLE MAGAZINE 公式Twitter/Instagram(STORY)にて、みなさんのおすすめの最新曲を募集中!応募いただいた楽曲の中から、編集部がピックアップした楽曲をプレイリストに掲載にしています。応募方法はアカウントの投稿をチェック!

サブミット募集中

DIGLE MAGAZINEではプレイリスト掲載曲を公募(サブミット)中。アーティストの方のご応募お待ちしております!

DIGLE MAGAZINE編集部おすすめ曲プレイリスト『DIGLE SOUND (Weekly)』

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる