imdkmの著書『リズムから考えるJ-POP史』10月刊行 tofubeatsが解説&帯文

News

文: DIGLE編集部 

imdkmの著書『リズムから考えるJ-POP史』が10月3日に刊行される。

imdkmの著書『リズムから考えるJ-POP史』が10月3日に刊行される。

「リアルサウンド」など様々な媒体で執筆を行なっているライター、批評家のimdkm。「リアルサウンド」内で連載してきた「リズムから考えるJ-POP史」に加筆して書籍化した同書には、「平成30年間を彩ってきたJ-POPの変化」が綴られる。宇多田ヒカルや小室哲哉、中田ヤスタカ、三浦大知といった各年代を代表するアーティスト、プロデューサーを取り上げ、そのリズム表現に着目する。

解説および帯文はtofubeatsが担当。tofubeatsは「この本を読んだあとには『時代とより密接に関わっているのは歌ではなくリズムではないか?』と気づくことになるだろう」とコメントしている。

9月25日には刊行記念イベントとしてimdkmとtofubeatsによる対談を実施。詳細は後日発表される。

imdkm / Ryohei ITO(@S_T_A_Y_P_U_F_T) | Twitter

提供:音楽ニュース:CINRA.NET

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる