TuneCore Japan、音楽アーティスト・ミュージシャン同士で曲の収益を自動分配できる機能「スプリット」をリリース

News

文: Sae Okanouchi 

音楽デジタルディストリビューションサービス・TuneCore Japanが音楽アーティスト・ミュージシャン同士で曲の収益を自動分配できる「スプリット」機能をリリースした。

音楽デジタルディストリビューションサービス・TuneCore Japanにて音楽アーティスト・ミュージシャン同士で曲の収益を自動分配できる「スプリット」機能がリリースされた。

「スプリット」機能は作品に関わった関係者へ、楽曲の収益を自動で分配することができる。分配する設定は、分配したい相手のメールアドレスと%(割合)を入力するだけ。相手側は承認するだけで収益を受け取り、自身が関わる楽曲の速報レポート・確定レポートを閲覧することができる。当初は無償でスプリット機能を利用可能となっているが、利用者は TuneCore Japanにアカウントが必要となる。

ストリーミングサービスの収益増加や楽曲制作において他アーティストとのフィーチャリングやコラボレーションなど、複数人が関わることが多くなっている時代変化に対応し、グローバルでも先駆的かつ有用・実用的な機能となっている。

「スプリット」機能の詳細はこちらをチェック。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Sae Okanouchi

1998年生まれ。音楽空間が好きです。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる