セクシュアリティ、死などに切り込んだBaths新アルバム配信開始

News

文: Kou Ishimaru 

ロサンゼルスを拠点に活動するビートメイカー、Will Wiesenfeld(ウィル・ウィーゼンフェルド)による別名義・Bathsのニューアルバム『Pop Music / False B-Sides II』が5月27日に先行リリース。

ロサンゼルスを拠点に活動するビートメイカー、Will Wiesenfeld(ウィル・ウィーゼンフェルド)による別名義・Bathsのニューアルバム『Pop Music / False B-Sides II』が5月27日(水)より日本先行リリース。各種ストリーミング音楽サービス上では5月29日(金)配信スタートとなった。

Will Wiesenfeldは、『Traversa』、『Abysma』などのレコードでは、Geotic名義でのインストゥルメンタルなサウンドスケープの作曲や、『Cerulean」、『Obsidian』、『Romaplasm』などのレコードでは、Baths名義として内なる思考や感情をさらけ出したりと、カラフルで幅広い音楽のカタログを構築してきた。しかし、ウィルが作曲したすべての曲がレコードに採用されるわけではなく、採用されてこなかった隠れた逸品のために、彼の自主レーベル〈Basement’s Basement〉からの初タイトル『Pop Music / False B-Sides II』をリリースする。

全12曲収録の同作はBathsの持ち味でもある、愛、後悔、失恋、セクシュアリティ、死、逃避したい衝動など、誰もが抱える現実に鋭く切り込んだ作品。繊細でありながら強いメロディー、美しいファルセットを融合させる彼の能力を堪能出来るアルバムになっている。

INFORMATION

アルバム『Pop Music / False B-Sides II』

・アーティスト名:Baths
・発売日:2020年05月27日発売
・価格:¥2,200+tax
・発売元:Tugboat Records Inc.
・販売元:SPACE SHOWER NETWORKS

創り出すビートが今最も話題を呼ぶビートメイカー、Baths。2019年には、サカナクション×サマソニのコラボイベント「NF in MIDNIGHT SONIC」にも出演を果たし、世界のみならずここ日本でも大いに注目をされつつある中、自身の新レーベル〈Basement’s Basement〉より送られる、Bathsの新たな方向性を示す音楽が詰まったコンピレーションアルバムをリリース。

【tracklist】

01.Immerse
02.Tropic Laurel
03.Mikaela Corridor
04.Agora
05.Sex
06.Stomach Tile
07.Fortuna
08.Wistful (Fata Morgana)
09.Veranda Shove
10.Lung Tile
11.Be That
12.The Stones

INC.
・品番 XQNK-1012
・JAN: 4580339370983
・解説/歌詞/対訳付き

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる