Beyond Pop出演者が選ぶ「これぞポップ!」なプレイリスト。1回目はDJ BAKUがセレクト

文: Yuya Eto 

完全招待制のシークレットLIVEイベント「Beyond Pop Supported by Pringles」が10月1日(月)に渋谷WWW Xにて開催された。垣根を超えて皆に愛される”Pop Music”を再定義するために生まれた新しい音楽イベントには、m-floや水曜日のカンパネラを始めとした豪華アーティストが多数出演。DIGLE MAGAZINEは出演陣の中からDJ BAKUに「Pop」をキーワードにインタビューを実施。ライブへの意気込みとこれぞポップ!と思う3曲を聞いた。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Yuya Eto

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

姫路から世界へ。ボーダーを超えていくShurkn Papの価値観とは | Newave Japan #50

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

姫路から世界へ。ボーダーを超えていくShurkn Papの価値観とは | Newave Japan #50

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

DJ BAKU
1978年東京生まれ。DJ/トラックメイカー/プロデューサー/ターンテーブリスト。
16歳のころにDJのキャリアをスタートさせる。1990年代後半に般若とRumiとともにヒップホップ・グループ、般若で活動。グループ解散後、1999年にみずから設立したレーベル〈DIS-DEFENSE DISC〉よりミックステープ
『KAIKOO WITH SCRATCH 1999』をリリース。その後同レーベルからミックステープを数枚発表、自主レーベルながら総計30000本以上のセールスとなる。

閉じる