ハードなロックを奏でるメイド5人組。BAND-MAIDの『リフレッシュしたい時に聴きたい曲』|プレイリスト連載2/4

Playlist

文: 斎藤加織 

BAND-MAIDがテーマごとにお気に入りの曲をコメントと共に紹介する全4回のプレイリスト連載企画。2週目は『リフレッシュしたい時に聴きたい曲』をテーマに選曲してもらいました。

BAND-MAIDのメンバーが選ぶリフレッシュしたい時に聴きたい曲

strong/MIYAVI,KREVA

インタビュイー画像

MIKUのセレクトポイント:

モヤモヤするときとかに聴くとスッキリするっぽ!!音が気持ちよくてイヤホンで聴いてるとつい音量をあげて聴いちゃうっぽ。

A sky full of stars/Coldplay

インタビュイー画像

KANAMIのセレクトポイント:

お耳を癒したい時に聴きます。普段パソコンの作業が多いので、リフレッシュしたい時にこれを聴きます!クリス・マーティンの歌声とバンドのアンサンブルに酔いしれます。

平行線/さユり

インタビュイー画像

SAIKIのセレクトポイント:

自分自身の好きがバランス良く詰まっていて幸福感を素晴らしく満たしてくれるので、何回聴いてもどんどん好きになる曲。好きな曲を聴くとポジティブになってリフレッシュされます。声や息遣いに癒されています。部屋で普通に聴くよりイヤフォンとかで耳直接!って感じで聴くのがより良い。

Down/Stone Temple Pilots

インタビュイー画像

MISAのセレクトポイント:

ストテン!!いい曲沢山あり過ぎて選べないので、「単純に耳が気持ち良い」判定で選んじゃいました。わたし的にはとてもリフレッシュとなるうちの一曲です。爽快な轟音が、すき。グランジやオルタナを好んでいる理由の一つでもあります。ストテンを聴いてるとストレス発散される。そりゃ酒も進むわ。

Turn Off The Light/UNCHAIN

インタビュイー画像

AKANEのセレクトポイント:

UNCHAINを聴いていると耳が癒されます。(笑)綺麗で上質な音色と歌声を聴いて心が浄化され、気持ちも落ち着きます。一つ一つのフレーズやビートが心地いい!そして、シャキッとして「よし!頑張ろう!」って自然とヤル気スイッチもONになります!!

連載記事一覧

LIVE INFORMATION

BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018-2019【侵略】

2018/09/12(水)神奈川・川崎CLUB CITTA’
2018/09/15(土)石川・金沢EIGHT HALL
2018/09/17(月・祝)新潟・studio NEXS
2018/09/22(土)広島クラブクアトロ
2018/09/24(月・祝)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2018/09/28(金)愛知・ZEPP NAGOYA
2018/09/30(日)宮城・仙台Rensa  
2018/10/07(日)香川・高松MONSTER
2018/10/08(月・祝)大阪・なんばHatch
2018/11/04(日)札幌ペニーレーン24
2018/11/30(金)福岡DRUM LOGOS  
2018/12/01(土)熊本B.9V1
2018/12/08(土)京都FANJ
2018/12/09(日)兵庫・神戸Harbor Studio
2018/12/14(金)長野CLUB JUNK BOX
2018/12/16(日)山梨・甲府CONVICTION
2019/01/11(金)東京・新木場STUDIO COAST
2019/01/12(土)東京・新木場STUDIO COAST

【WORLD TOUR】BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018【宣告】~senkoku~

■Nov 09th, Los Angels, Lodge Room
■Nov 10th, San Francisco, The Chapel
■Nov 14th, Helsinki, Nosturi
■Nov 16th, Amsterdam, Melkweg
■Nov 17th, London, The Dome
■Nov 18th, Paris, Backstage
■Nov 21st, Berlin, SO36
■Nov 22nd, Munich, Feierwerk
詳細はBAND-MAID Official Siteをチェック!

BAND-MAID Profile

2013年7月結成、同年8月に現在のラインナップとなる。
メイドの姿をした5人組ロック・バンドである。
~ありそうでなかった、メイドのバンドのガチロック~
衣装はメイド服で、ライブを『お給仕』、観客を『ご主人様』・『お嬢様』と呼び、メイドの世界観を演出する一方で、ビジュアルとは相反するハードなロック・サウンドを武器に観る人を魅了し、既に日本だけに留まらず、海外のご主人様、お嬢様にも熱狂的に受け入れられている。
2016年3月には世界8ヵ国9カ所で初ワールドツアーを開催し、7,000 人以上を動員。
2017年は、バンド初のワンマンツアーを全国 6 カ所(8 公演)で開催し、チケットは全公演 SOLD OUT 。
11月24日には新木場スタジオコーストにてツアーファイナルを行い、即日完売となる。
12月9日は追加公演のZEPP DIVERCITY TOKYOを成功させる。
2018年は世界征服を高らかに掲げ、2月にその名を冠したフルアルバム「WORLD DOMINATION」リリースを皮切りに、
4月開催のツアーにてZEPP TOKYOをSOLD OUTさせる。
6月にはワールドツアーをスタート。初日メキシコは即日完売を記録。
7月25日には3rdシングル「start over 」をリリース。
8月には国内の主要ロック・フェスに多数出演が決定し、世界規模で本格的にメイド旋風が吹き荒れている。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

斎藤加織

ライター。音楽と映画と食べることが好き。音楽記事を書いたり、イベントスタッフをしたり色々しています。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる