羊文学、MOKUなど『DIGLE SOUND』プレイリスト全40曲更新|国内アーティスト

Playlist
DIGLE MAGAZINE編集部とセレクターのリコメンド楽曲を集めたウィークリープレイリスト『DIGLE SOUND』。今回は羊文学「風になれ(cover ver.)」やMOKU「雨はつくねん」など今週の注目曲をコメント付きでご紹介。

DIGLE MAGAZINE編集部とセレクターのリコメンド楽曲を集めたプレイリスト『DIGLE SOUND』。プレイリストでは、新気鋭アーティストから言わずと知れたトップアーティストまで、国内外のさまざまな最新曲を厳選してお届け中!毎週月曜日に国内アーティスト、第二週&第四週の金曜日に国外アーティストの楽曲を更新しています。

リリースされたばかりの“今聴くべき曲”を『DIGLE SOUND』でチェックしてくださいね!

今週のDIGLE SOUND注目曲

羊文学「風になれ(cover ver.)」

インタビュイー画像

Mao:

映画『そばかす』の主題歌で、塩塚モエカが作詞・作曲を務め主演の三浦透子に提供した楽曲のセルフ・バンド・カバーをリリース 。胸に抱える迷いや矛盾、葛藤を包み込むような優しさと力強さが、そっと勇気を与えてくれるはず。

Eminata「Walking on the Moon」

インタビュイー画像

Asahi :

逗子出身のソウルポップアーティストのEminataがリリースした新曲。”わたし”と”あなた”の2人の距離感を惑星を使って3カ国語で表現したリリックと心地良いサウンドが絶妙にマッチした1曲です。

MOKU「雨はつくねん」

インタビュイー画像

TUDA:

吉祥寺を中心にクラブなどでもライブを行う4人組MOKU。ぐるぐると張り巡らされた迷路に誘い込むようにフレーズを、クンビア的なもっさりしたビートに乗せた「雨はつくねん」を聴けば、このバンドの末恐ろしさに気づくはず。

cinema staff「陸の孤島」

インタビュイー画像

Ishimaru:

cinema staffの最新作は、ポップパンクのようなうねるリフ/ビートが響く1曲。エネルギッシュで爽快なバンドサウンドに、それと対照的とも取れるモノトーンな詩情が重なる。元来持っている自然体なフィーリングが垣間見えるミドルチューンに仕上がっている。

公募DIGGERセレクトコメント

明るい太陽が似合うパーカッションの音が真冬を忘れさせてくれる。
メジャーデビュー1周年の日にリリースされたこの曲の歌詞には彼の音楽の人柄が色濃く出ていて、初めて彼に出会う人にぜひ聴いてもらいたいです。by @mi0_aji
THREE1989の幸福論理 はTHREE1989好きにはたまらん王道ダンスナンバー!ドラマ主題歌にもなって、ますますニッポンを揺らしてほしい!by @SparklingShinya 

新曲ディグる!おすすめの最新曲を募集中

DIGLE MAGAZINE 公式Twitter/Instagram(STORY)にて、みなさんのおすすめの最新曲を募集中!応募いただいた楽曲の中から、編集部がピックアップした楽曲をプレイリストに掲載にしています。応募方法はアカウントの投稿をチェック!

サブミット募集中

DIGLE MAGAZINEではプレイリスト掲載曲を公募(サブミット)中。アーティストの方のご応募お待ちしております!

DIGLE MAGAZINE編集部おすすめ曲プレイリスト『DIGLE SOUND (Weekly)』

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる