グソクムズが作る“Best of 2023”プレイリスト『ベリハピプレイリスト』|butaji、The Rolling Stonesなど

Playlist

文: グソクムズ  編:riko ito 

毎月テーマを設けてインタビューやコラム、プレイリストを掲載していく特集企画。2023年12月/2024年1月合併号は“Best of 2023 ー音楽シーンの現在地ー ”と題し、アーティストやクリエイターたちが2023年に影響を受けた音楽を深掘りしていく。今回は、東京・吉祥寺を中心に活動する4人組バンド・グソクムズが制作したプレイリストをお届け。

アーティストの方に特集テーマに添った楽曲を紹介してもらうプレイリスト企画。今回は、2024年春にメジャーデビューを発表したグソクムズが登場。今回の特集テーマ“Best of 2023”のもと、2023年はどんな年だったのかを振り返ってもらい、グソクムズが今年特に影響を受けた楽曲を集めた全10曲のプレイリストを作ってもらいました。

今回、グソクムズが制作したプレイリストのタイトルは『ベリハピプレイリスト』。プレイリストの中からBrittany Howard(ブリタニー・ハワード)やThe Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)、butajiLOONY(ルーニー)の楽曲をピックアップし、コメント付きで紹介しています。どこか懐かしく温かみがありながらも、現代的に洗練されているグソクムズの楽曲。そんな彼らの楽曲との共通点を探しながら、個性溢れるコメントとバラエティ豊かなプレイリストをぜひ楽しんでみてください。(編集部)

PROFILE

グソクムズ

東京・吉祥寺を中心に活動する4人組バンド。メンバーは左から、たなかえいぞを(Vo. / Gt.)、加藤祐樹(Gt.)、堀部祐介(Ba.)、中島雄士(Dr.)。洗練されたメロディや日常を切り取ったような温かみのある歌詞、メンバー全員が作詞作曲を手がける個性豊かな楽曲で注目を集めている。

2021年7月に配信開始された「すべからく通り雨」が、J-WAVE『SONAR TRAX』やTBSラジオ『今週の推薦曲』に選出され話題を呼び、 同年12月には1stアルバム『グソクムズ』をリリース。同作はデビュー作にして第14回CDショップ大賞2022に入賞した。また2022年7月には初期音源集『グソクムズカン』を、12月には2ndアルバム『陽気な休日』を発表するなど、精力的にリリースを続けている。

さらに、2023年5月からは“旅”をテーマにメンバー全員が作詞作曲を手がけた楽曲を4ヶ月連続で配信リリースし、同年11月より広島公演を皮切りに全国5都市を回るツアー<LIVE TOUR 2023 道の途中>を開催。2024年春にメジャーデビューアルバムをリリースすることを発表した。

How was your 2023? 

インタビュイー画像

たなかえいぞを(Vo. / Gt.):

2023年は色々な事があり過ぎましたねー。。
何から書いて良いかとても悩みますが、なんとなく良い感じで振り返ってみます。
まずは4ヶ月連続シングルリリース!!
これはバンドとしても初の試みで、普段よりワイワイ楽しく制作しましたね。
思い出に残る楽曲たちです!!
あとはライブの多さ!!
昨年は20本もやっていなかったのですが、今年は60本近くやりました!!(褒めて)
色々なところでライブをして、色々なミュージシャンと繋がる事ができたので、とても楽しかったです。
日々のライブをこなしながらのアルバム制作もなかなか大変でしたねぇー。
なんだか感想文みたいになっちゃったけど、全体的にバンドとしても人としても成長できた気がします。
来年はもっと良い年にしたいと思いつつ、これ以上良くなるのかと自問。。
まぁ、目標はどんどん増えていくので、これからも頑張っていきます!!
応援よろしくお願いします!!

PICK UP SONGS

Brittany Howard「Stay High」

インタビュイー画像

たなかえいぞを(Vo. / Gt.):

今年ぼくが何周したのか分からないぐらい聴いたブリタニー・ハワードの1作目『Jaime』。
リリースしたのは何年か前だけど、僕はあえてこのアルバムの4曲目に収録されている「Stay High」を選曲しました。
聴くようになったのは、幼馴染が書いた小説『みどりいせき』に出てきたことがキッカケ。
だからか分からないけど、いつどんな時に聴いてもハッピーで温かい気持ちになれます。
「2023年は良い年だったなぁ」と語るには欠かせない1曲になりました。
2023年は良い年だったなぁ。

The Rolling Stones「Angry」

インタビュイー画像

加藤祐樹(Gt.):

最強! 最高!

butaji「calling」

インタビュイー画像

堀部祐介(Ba.):

今年の6月に対バンして以来ずっと聴いているbutajiさんの楽曲。
紡ぐ言葉の優しさと楽曲の美しさに、ずっと涙を堪えながら聴いていたのを覚えています。
「音楽を通じた表現に何ができるのか」ということを、この曲を聴く度に考えています。

LOONY 「Nothing Else Feels The Same」

インタビュイー画像

中島雄士(Dr.):

ここ最近で一番好きなアーティスト、LOONYの最新曲。
LOONYの曲はどれもかっこいいけどこの曲は特に大好き。今まで不動の1位だった「Some Kinda Love」に迫る勢い。
現時点でリリースから1週間経ってないけど、既に今年最も聴いた曲になったと思う。
なんかアルバムとか出そうな雰囲気あるから来年が楽しみ。日本に来てほしい。

グソクムズが作る“Best of 2023”プレイリスト『ベリハピプレイリスト』

グソクムズ・人気曲プレイリスト

RELEASE INFORMATION

グソクムズ New Single「眩しい日々へ」

2023年12月18日リリース
Label : Sony Music Labels
Lyrics and Compose : 加藤祐樹

▼各種ストリーミングURL
https://kmu.lnk.to/MabushiiHibie

2024年春 New Albumリリース
詳細は後日発表

EVENT INFORMATION

グソクムズ presents「ベリハピピープル vol.2」

2024年2月17日(土) at 東京・下北沢ADRIFT
open 15:30 /start 16:30

出演:グソクムズ、MONO NO AWARE
出店:私物フリーマーケット、RELIC TOKYO、豚汁
チケット:前売 4,500円(税込)スタンディング/入場時別途ドリンク代/整理番号付
発売日:2023年12月2日(土)19:00〜

問い合わせ:info@adrift-shimokita.com
主催・企画:Melody fair、IN THE FLIGHT

SNSで記事をシェア

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる