Billyrromが作る“Best of 2023”プレイリスト『revise』|((( 〇 ))) & FKJ、Nia Archivesなど

Playlist

文: Billyrrom  編:riko ito 

毎月テーマを設けてインタビューやコラム、プレイリストを掲載していく特集企画。2023年12月/2024年1月合併号は“Best of 2023 ー音楽シーンの現在地ー”と題し、アーティストやクリエイターたちが2023年に影響を受けた音楽を深掘りしていく。今回は、東京・町田市発の6人組音楽集団・Billyrromが制作したプレイリストをお届け。

アーティストの方に特集テーマに添った楽曲を紹介してもらうプレイリスト企画。今回はソウル、ファンク、ロックなどの幅広いルーツを唯一無二のポップミュージックへ昇華させるバンド・Billyrromが登場。今回の特集テーマ“Best of 2023”のもと、2023年はどんな年だったのかを振り返ってもらい、Billyrromが今年特に影響を受けた楽曲を集めた全12曲のプレイリストを作ってもらいました。

今回、Billyrromが制作したプレイリストのタイトルは『revise』。プレイリストの中からKuna Maze(クナ・マゼ)や((( 〇 ))) & FKJNia Archives(ニア・アーカイヴス)らの楽曲をピックアップし、コメント付きで紹介しています。2023年は<FUJI ROCK FESTIVAL’23>への出演を果たしたほか、初となるワンマンライブツアー<Billyrrom First One-Man Tour “noidleap”>の東京・恵比寿LIQUIDROOM公演をソールドアウトさせるなど、快進撃を見せたBillyrrom。そんな彼らが今年を振り返って選曲したプレイリストをぜひ楽しんでみてください。(編集部)

PROFILE

Billyrrom(ビリーロム)

東京都町田市出身のメンバーによって2020年に結成した6人組音楽集団。メンバーは写真左上から時計回りに、Taiseiwatabiki(Ba.)、Shunsuke(Dr.)、Yuta Hara(DJ/MPC)、Rin(Gt.)、Mol(Vo.)、Leno(Key. / Syn.)。

2023年には<METROCK>や<FUJI ROCK FESTIVAL’23>など大型フェスにも出演。最新EP『noidleap』を引っ提げた初ワンマンライブツアー<Billyrrom First One-Man Tour “noidleap”> ファイナルの東京・恵比寿LIQUIDROOM公演はSOULD OUTと、各所から注目を集める。すき家 月見すきやき牛丼のCMソングとしても話題を集めた最新楽曲「Eclipse」のミュージックビデオは再生回数が120万回を突破(2023年12月時点)。さらに、2023年にリリースされた 「Solotrip」「Time is Over」「Mayday」「Flower Garden」のミュージックビデオは全て100万回再生を突破している。

ロックやシティ・ポップを経由したソウルフルなファンクネスが特徴。疾走感に溢れたギターカッティング、軽快なリズムで紡がれるダンサブルなビートセンス、シンセとスクラッチが織りなす構築美。そして、繊細かつ迫力のある歌声と伸びやかなハイトーンボイスを巧みに響かせるボーカリゼーションが唯一無二の“Billyrromらしさ”を生み出していく。

バンド名の由来は、敬愛するビル・エヴァンスが持つ“流されないマインド”と、移動型民族であるジプシーのロマ族による“自分たちの音楽を様々な場所から発信していく”という流動性を大切にしたいという信念から名付けられた。

How was your 2023? 

2023年は、Billyrromが鳴らしたい音とは何か、そしてその音を聴いた人に何を伝えたいかを模索しつづけた年でした。

ワンマンライブや大型フェスへの出演、タイアップなどの初めての経験を通じ、バンドとしてのアイデンティティを再考すると同時に、私たちにしか作ることのできない空間・ショーとはどのようなものかを試行錯誤し実践することで、未来に繋がる大きな一歩を踏み出すことができたと感じています。

来年以降もトライ&エラーを繰り返すことで、2023年の自分たちの活動の意味はさらに色濃くなっていくでしょう。より多くの人と場所に私たちの音楽が届くことを願って、これからもBillyrromは旅を続けます。

PICK UP SONGS

Kuna Maze, Midva「Don’t Drop Dead」

インタビュイー画像

Mol(Vo.):

今年ハマったアーティストといえばフランスのKuna Mazeですね。
特に最新アルバムの『Night Shift』は全曲通して醸し出されるダークで孤独感のある雰囲気がたまらないです。
音色のチョイスも絶妙で、アナログとデジタルの融合が織りなす独特な世界に引き込まれていくのが魅力です。
曲名から勝手に頭の中でストーリーを想像して聴くと楽しいのでおすすめです。

今剛「AGATHA」

インタビュイー画像

Rin(Gt.):

AGATHAの選曲理由は、今年1番聴いたギターソロなので選曲しました。ペンタトニックを使って、ギターのかっこよさがこれでもかと詰まったソロに衝撃を受けました。自分がギターを弾く中で、何かギターにおいて大切なものを教えてくれた気がします。

The 1975「Love It If We Made It 」

インタビュイー画像

Taiseiwatabiki(Ba.):

今年になって初めてアルバムを通し聴きし、どハマりしたThe 1975の一曲。
ポップな印象が強いバンドだったが、社会的なメッセージを含んだ楽曲も多く、この楽曲では強烈な社会風刺がなされている。
この曲の最たる魅力は歌詞であり、黒人のビジネス利用、移民問題等の社会問題を批判するだけではなく、その状況を作った当事者は紛れもなく私たちであるということを歌った楽曲になっている。
頭の歌詞がぶっ飛んでいてサイコー。

The RH Factor, Q-Tip, Erykah Badu「Poetry」

インタビュイー画像

Shunsuke(Dr.):

今年は、90年代、2000年初期あたりの音楽をよく聴いた一年だったのですが、その入り口になった曲です。この曲はサウンドも気持ちよく、jazzやhip-hopだけでなく、ロックや電子音楽の要素も感じられ、聴いてみると新しい音楽に出会うきっかけになるかもしれません。

Nia Archives「Baianá」

インタビュイー画像

Leno(Key. / Syn.):

ブチアゲが過ぎる。ドラムンベース/ジャングルのリバイバルもあって、この手のジャンルにのめり込んだ一年だったが、Nia Archivesの楽曲は先人やルーツへの愛を強く感じられて好き。これぞジャングリスト・マッシヴ。夏は簡単に終わらない。ブラジルに思いを馳せ、深夜眠気覚ましに流しながら町田で車を走らせていると、確実に警察に止められる。「お兄さんアーティストか何か?」、大体タメ口、舐め腐ってますわ。

((( 〇 ))) & FKJ「iFeel」

インタビュイー画像

Yuta Hara(DJ / MPC):

<フジロック>でFKJのライブを見て衝撃を受けて、そこからFKJの参加している曲、フィーチャリングアーティストを聴き漁り見つけた一曲。
夜に聴いていると思わず眠くなってしまうぐらいサウンドが心地よい。
ビートが最高とりあえず聴いてくれ!

Billyrromが作る“Best of 2023”プレイリスト『revise』

Billyrrom・人気曲プレイリスト

RELEASE INFORMATION

Billyrrom New Single「Eclipse」

2023年11月22日リリース
Label : SRYGLASS AGENT

▼各種ストリーミングURL
https://nex-tone.link/A00127921
▼MV
https://youtu.be/DUP06BtQuys?feature=shared

SNSで記事をシェア

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる