ザ・ポップ・グループの創立メンバー、マーク・スチュワートが選ぶプレイリスト | Fred Perry Subculture

FRED PERRY

文: Kou Ishimaru 

イギリスのオーセンティックなファッションブランド「フレッドペリー(FRED PERRY)」が手掛ける、連載企画『Subculture』。その中からザ・ポップ・グループの創立メンバーの一人、マーク・スチュワートをご紹介。

マーク・スチュワートが選ぶブリティッシュ・サブカルチャーを巡るプレイリスト

今回のゲストはThe Pop Group(ザ・ポップ・グループ)の創立メンバーの一人、Mark Stewart(マーク・スチュワート)。

Mark Stewartが作成したプレイリストには、十代を定義する曲として挙げたJobriathの「Take Me I’m Yours」、オールナイト後に聴くのに最高の曲であるというTricky(トリッキー)の「Aftermath」、意外に好きな曲というTravis(トラヴィス)の「Driftwood」など、全14曲が収録されています。

フレッドペリー・サブカルチャーのwebサイトでは、プレイリストの他に彼の音楽ルーツがより詳しく掲載されたインタビュー記事を公開中なのでぜひチェックしてみてください。

Fred Perry Subculture Interview Page

名前:マーク・スチュワート

1978年にブリストルでギャレス・セイガーらとザ・ポップ・グループを結成し、ボーカルと作詞を担当。デビューアルバム『Y (最後の警告)』はポストパンクサウンドの先駆けとして欧米ロックシーンに多大な影響を与えた。1981年、ポップ・グループの分裂後、ソロ作品をリリース。2005年にはベスト盤を発表。エイドリアン・シャーウッド、スキップ・マクドナルド、元PILのキース・レヴィンらとマーク・スチュワート&マフィアとしてライブを行った。

マーク・スチュワートのブリティッシュ・サブカルチャーを巡るインタビューはこちら。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる