ハナカタマサキのプレイリスト『冬に聴きたい心あたたまる音楽』vol.4|Sigur Rós、岡田拓郎など

Rensai

文: DIGLE編集部  編:Miku Jimbo 

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。今回は、宅録音楽家のハナカタマサキによるプレイリスト『寒い冬に聴きたい心あたたまる音楽』を4週に渡ってお届けします。

アーティストの方にテーマを決めていただき、それに合わせた楽曲を紹介していただくプレイリスト連載。全4回に渡って毎週、プレイリストの楽曲を紹介していきます。

今回の連載では、高知県で活動する宅録音楽家のハナカタマサキが『寒い冬に聴きたい心あたたまる音楽』をテーマにプレイリストを制作。第4回は、Sigur Rós(シガー・ロス)、岡田拓郎AHNAMUSICAの楽曲をご紹介します。

2022年発表の3rdアルバム『Small Melodies』をはじめ、ハナカタマサキの音楽性との共通点も感じる音楽が満載です。プレイリストを聴いてぜひ、あたたかな気持ちになってください。

Profile

ハナカタマサキ

1979年1月23日生まれ、山梨県出身。高知県佐川町在住の宅録音楽家。

作詞作曲、ほぼすべての楽器演奏、プログラミング、録音を一人で行い、独自のポップミュージックをつくり出す。玩具などを使用したミニマルから、エレクトロニカ、フォーク、フルオーケストレーションまで多彩なサウンドを纏った楽曲を制作。アートワーク制作やレーベル〈PENTACOAST〉(ペンタコースト)の主宰も自身で行っている。

Track9-11

Sigur Rós「Inní mér syngur vitleysingur」

インタビュイー画像

ハナカタマサキのセレクトポイント:

シガー・ロスの楽曲は寒い冬に聴きたくなるものがたくさんあります。
その中でも個人的に特に今、好きな曲を選びました。

岡田拓郎「Morning Sun」

インタビュイー画像

ハナカタマサキのセレクトポイント:

岡田さんの音楽はどれも誠実で自分に正直な印象ですが、それを特に感じる楽曲です。
聴くたびに背筋が伸びます。

AHNAMUSICA「Abendrot」

インタビュイー画像

ハナカタマサキのセレクトポイント:

高知県出身のビートメイカーのアハナムジカさんです。角がとれてまろやかなサウンドが心地いいです。
この曲を聴いてると温泉に入って寛いでいるような気分になります。

ハナカタマサキPLAYLIST『寒い冬に聴きたい心あたたまる音楽』

RELEASE INFORMATION

3rd ALBUM『Small Melodies』

2022年10月12日(水)
PENTCD-0002
¥3,300+tax
PENTACOAST

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる