コーディ・ロヴァース選曲『おうちプレイリスト - JAPAN STAY HOME -』Nick Leng、John Mayer など|連載2/4

Rensai

文: DIGLE編集部 

毎週更新のプレイリスト連載企画。ジェイソン・ムラーズに見出された若きSSW コーディ・ロヴァースが、日本のリスナーへ向けてセレクトしたプレイリスト『おうちプレイリスト - JAPAN STAY HOME -』を4週に渡ってお届けします。

Cody Lovaasが選ぶプレイリスト『おうちプレイリスト – JAPAN STAY HOME –

インタビュイー画像

Codyセレクトコメント:

家にいるのも楽しいよ…それを楽しくさせる曲があればね:)

staying at home can be fun… if you have the right tunes to make it fun:)

Love No More / Cody Lovaas

インタビュイー画像

Codyセレクトコメント:

僕の記念すべき日本デビューシングルです。この曲では、前に向かって進むことや自分自身に価値を見出すことが大切だって歌っています。自分が肯定したいモノを見つけるためにも、時には”No”って言わなきゃならない時もあるってね。

This is my memorable debut single in Japan. This song is really about the power of moving on and knowing your self worth. You have to have the ability to say no to have the opportunity to find something that you want to say yes.

Lonely Shade of Blue / Nick Leng

インタビュイー画像

Codyセレクトコメント:

僕の良き友人であるNick Lengは、この曲で本当にすごいことをやってのけたと思う。とにかく聴いてみて。聴けばきっとわかるから。彼はちょうど『Lemons』というデビューアルバムをリリースたばかりなので、その傑作も聴いてみてね。

my good friend, nick leng really did it with this song. just listen. this song really speaksfor itself. he just released his debut album called, “Lemons”. go check that masterpieceout as well.

Valleys(My Love) / Whitney

インタビュイー画像

Codyセレクトコメント:

恋しているような気にならない?それとも夏の日に友達とはしゃぎまわっているように感じる?いたずらな夕暮れ時。

doesn’t it feel like falling in love? or romping around with your friends on a summer day? sunset and mischief.

Paper Doll / John Mayer

インタビュイー画像

Codyセレクトコメント:

John Mayerについては説明不要だよね。他の人からの言葉は必要ないって、彼自身が証明しているからね。

i mean… i don’t think i really need to speak for john mayer… he seems to handle that pretty well.

Cody Lovaasセレクトプレイリスト

Release Info

Cody Lovaas
シングル”Love No More”

収録曲:Love No More
発売日:2020年4月17日(金)
発売形態:配信限定

Cody Lovaas Profile

1998年6月15日生まれ21歳(2020 年 4月現在) カリフォルニア州出身のシンガーソングライター、ギタリスト。

自身もサーファーであるコーディーの楽曲は、シンプルで懺悔的な詩 をベースに、小さな海辺の街で起こる若者達の恋の物語を描き出す。ア コースティックサウンドを軸に創りだされるメロディックで艶のあるポ ップスを、優しくソウルフルなボーカルで歌い上げるのが彼の魅力。

コーディーがまだ14歳の時、故郷のカリフォルニア州カールスバット のビーチサイドでオープンマイクに参加していた。たまたま居合わせた Jason Mrazが彼の才能に惚れ込み声をかける。この運命的な出会いに より、Jason Mrazのマネジメント事務所へ所属。プロとしてのキャリア をスタートさせる。
10代の間にロサンゼルスへと通いスタジオセッションを繰り返し、 20歳になるまでに数百もの楽曲を制作。

2017年 19歳でデビューシングル”Lie”をリリース。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる