大比良瑞希セレクト『With Love Song』ミシェル・ルグラン、ラナ・デル・レイなど | 2月連載1/4

大比良瑞希

文: 星原喜一郎 

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。2月のテーマは『恋』。シンガーソングライター、トラックメイカーとして活躍する大比良瑞希さんが選ぶ『With Love Song』を全4回に渡ってお届けしていきます。

大比良瑞希が選ぶ『With Love Song』

Arrival Of The Draymen / ミシェル・ルグラン


インタビュイー画像

大比良瑞希セレクトコメント:


サウンドトラックの中でも外せない名盤、映画『ロシュフォールの恋人たち』の中の1曲。アルバムを通して、恋愛渦中の心の浮き沈みや高揚感で溢れてる。ジェットコースターみたいな恋愛も、より切なく美しくロマンチックに、女子の味方をしてくれる音楽。カトリーヌ・ドヌーヴとフランソワーズ・ドルレアックの可愛いジャケの印象の方が昔から強くて、実際に映画は観たことがなかったのだけど、先日遂に観ることができて、乙女な60sパリジェンヌってやっぱり永遠の憧れってことを思い出しました◎まだ見てない人は、サントラと一緒に要チェック!

Ride / ラナ・デル・レイ


インタビュイー画像

大比良瑞希セレクトコメント:

Lana Del Reyって、言葉にできない“好き”な感情も、“嫌い”な感情も、同じ直線上で受け止めてくれるような大きさがある。たまに車で1人、大音量でかけて、この声に溺れたくなる。窓あけて、髪なびかして…(笑)。

Didn’t We Almost Have It All / ホイットニー・ヒューストン


インタビュイー画像

大比良瑞希セレクトコメント:

先日公開されたドキュメンタリー映画を観て、改めて奇跡的な存在感と歌声に魅了されてしまって、最近またよく聴いています。映画を見てから、流れてくる歌声がより切なく、よりパワフルに感じるようになってしまった。『ボディガード』のサントラも好きだけど、この曲のAメロからBメロに行くあたりと、そこからのサビの最初の音がロマンチックで大好き。大切な人を、より大切にしたくなる曲。


毎週更新!大比良瑞希選曲プレイリスト


大比良瑞希の連載一覧はこちら

大比良瑞希 Profile

東京出身のシンガーソングライター、トラックメイカー 。
作曲家/チェリストの伊藤修平をプロデュースに迎え、2015年ミニアルバム「LIP NOISE」のリリースでソロ活動をスタート。
2016年アルバム「TRUE ROMANCE」をリリース。2017年8月より3ヶ月連続シングルのデジタルリリースを発表。
スモーキーな歌声と、エレキギターを爪引きながら歌うスタイルは、明るくも物憂げな唯一無二の世界観を包み込み、ソウルフルかつオルタナロックに、新時代の歌謡曲を紡ぐ。
FUJI ROCK FESTIVALのほか、SOMMERSONIC、りんご音楽祭、音泉温楽などフェスへの出演も多数。
歌とギターのほか、企業CMへの楽曲提供や様々なアーティストのサポートワークでも注目を
集めている。コーラスワークでは過去にtofubeatsやLucky Tapes、Alfred BeachSandal×STUTS、Awesome City Clubなど多数の作品に参加。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

星原喜一郎

DJしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる