しなまゆ・モリユイ選曲プレイリスト『避暑地vsバカンス』大江千里、泉まくらなど|8月連載1/4

しなまゆ

文: Kou Ishimaru 

毎週更新のプレイリスト連載企画。しなまゆのメンバー、モリユイがセレクトしたプレイリスト『避暑地vsバカンス』を今月4週に渡ってお届けします。

しなまゆ選曲プレイリスト『避暑地vsバカンス』

夏の決心 / 大江千里

インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

今回のテーマのバカンスサイドの1曲目にしようと決めていた曲。子供の頃観ていたポンキッキーズが大好きで、CDも持っていたくらい。夏休みも経験する前の私の、夏と言ったら!はこの曲だった。いつか、しなまゆでカバーしてみたい。

as usual / 泉まくら

インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

避暑地サイド。泉まくらの「地の果てまでオンナノコ」な潔さが好き。シンプルなトラックに気だるげな低音で淡々と繋がれるラップの心地良さは、クーラーをガンガンにかけた部屋、ベッドに寝転んだまま、読んでるんだか読んでないんだかわからないSNSの画面をスクロールしながら聴きたい。そうしているうちに「日曜が終わります。」

Never Stop / Nissy(西島隆弘)

インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

バカンスサイド。AAA西島隆弘のソロの作品。去年の夏はこの曲の収録されているアルバム『HOCUS POCUS』ばかり聴いていた。掛け声でたくさん遊んでいて、聴いていて楽しい。そして、Nissyの甘い声と甘い歌詞の相性が良すぎて、なんて心臓に悪いんだろうと思う。眩しい。

Swimming Fool / SEVENTEEN

インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

避暑地サイド。SEVENTEENの中のユニット、パフォーマンスチームの曲。スイミングプールと、スイミングフールで「君に溺れてしまう愚か者」といった風に意味がかけられている。この曲のオケの涼しさがすごく好き。テーマになっているポロポロと鳴るシンセの音が、水中で泡が遊んでいるようで聴きながら自分も水に浮かんでいるみたいな気持ちになれる。

毎週更新!しなまゆセレクトプレイリスト

しなまゆの連載一覧はこちら

EVENT INFORMATION

『モリユイのまだ喋らせて!』

会場:新宿SACT!
日時:2019年8月27日(火)
開場 18:30/開演 19:00
開場中、休憩中のBGMはDIGLE MAGAZINEでモリユイがセレクトしたPLAYLISTを使用。

しなまゆ Profile

仲良しメンバーで結成された立川出身のポップロックバンド「しなまゆ」
女の子のココロをくすぐるポップな世界観を表現した、モリユイ(Voc.)の独特の感性から生み出される歌詞と、卓越したパフォーマンスが評判。
ラジオ番組で培われた、モリユイのSキャラ トークにGt. タクマのMキャラとBassウエノハラの和みキャラが微妙に絡み合って、クセになってしまうと話題 !!

しなまゆは現在YouTubeのチャンネル登録者を増やす事を、頑張っています。
皆さん是非登録をお願いいたします。
https://www.youtube.com/channel/UCs7TdnXbKeaJ9kRjrSwtKLA

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる