gatoが切り開く、次なるエレクトロ

bigup

文: 秦 麗奈 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はgatoをご紹介します。

日本由来の音楽を

「NO MUSIC NO LIFE」なんて声高らかに叫んでいる人が、文化もアートも興味ない。皮肉にも、それが現代だろう。そんな人々を横目に、颯爽と新しいムーブメントを作らんと企むアーティストこそgatoだ。

2018年に突如インディーシーンに現れると、彼らは一気に話題をさらった。フューチャーベースやヒップホップなど海外基準のトラックを取り入れつつも、ポストロックやアンビエントまで内包し、日本由来のエレクトロポップとして昇華している。
age(Vocal, Sampler)がDJをしていることもあり、それぞれの楽曲にはしっかりと役割が与えられているのも特徴だ。インパクトだけで押すのではなく、流れを作り呼吸を生む。クラブ由来の生々しい緩急がgatoには息づいているのである。

先日配信が開始された「ame」は、1st Album『BAECUL』の収録楽曲をAmPmがリミックスしたもの。心地よいビートサウンドの追加により、新たな一面を開花させたエレクトロポップは必聴だ。

goto

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

秦 麗奈

98年生まれで、日芸在学で制作を学んでます!ダンスと音楽が好きです!

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる