国境を越えて届くComing Up Roses

bigup

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はComing Up Rosesをご紹介します。

日本初進出を見逃せない

ストリーミングサービスの普及やコロナ禍におけるオンライン移行の流れによって、これまで以上に世界の音楽シーンが交差するようになった。
特に、アジアにおいては浮遊感や透明感をキーワードとしたインディーバンドの台頭が続き、国境を越えた交流も盛んに行われている。
シンガポールのオルタナティブ/ドリームポップバンド・Coming Up Rosesも、その流れの中にいるアーティストだ。

瑞々しく透き通るボーカルと開放感あふれるバンドサウンド、そしてキャッチーさも忘れないまっすぐなインディー・ポップは、場所を問わず音楽好きのリスナーにすぐ受け入れられるであろう人懐っこさを持っている。
また、本人たちは好きな日本のアーティストとしてFor Tracy Hydeきのこ帝国17歳とベルリンの壁などを挙げており、彼らと通じ合う魅力も感じられる。

今年3月には名古屋発のシューゲイザーイベント「DREAMWAVES」に配信で出演し国内のライブに初参加してくれた彼らが、満を持して日本初進出曲『All Our Time』をリリースした。
シンガポールで、日本で、そして世界のインディーシーンにおいて、今後どんどん存在感を増していくComing Up Rosesを見逃せない。

Coming Up Roses

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる