温かく感情の乗ったCRA9の歌

bigup

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ!今回はCRA9をご紹介します。

苦楽を鮮明に描いて

CRA9の温かく感情の乗った歌声は、楽しいことも悲しいことも鮮明に描きだす。それはまるで「名と同じ響きを持つ“苦楽”と向き合い表現しつくすんだ」と言わんばかりに。

「バンドやコーラスグループを組みたい」といった思いから、音楽活動を始めたCRA9。HIPHOPやR&Bに傾倒し、なかでも清水翔太には特別な感情を抱いている。その影響はCRA9のボーカルスタイルからも感じ取ることができるだろう。

先日配信が開始された「Please」は、手の届かない相手への恋心を歌った切ないラブソング。作詞作曲はCRA9自身が手掛け、サウンドプロデュースは新進気鋭のサウンドコレクティブであるUNI-Qreativesが担当している。コーラスを効果的に用いたトラックは繊細なビートを彩り、華やかかつ柔らかな印象をリスナーに与える。懇願するような歌声が胸に響く1曲に仕上がった。

CRA9

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

TAG;

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる