YOHLUが創る、少し先の未来

bigup

文: BIG UP! 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ! 今回はYOHLUをご紹介します。

至極の一皿を鳴らす

黙々と食べ進めてしまう一皿を成り立たせているのは、絶妙なバランスだ。味はもちろんのこと触感や香り、見た目など、とにかくジャストな値で五感に訴えてくる。福岡を拠点にするYOHLUも、いうならばそういう3人組ではないだろうか。

彼らは2018年4月に結成された、フューチャーソウルユニットだ。マルチプレイヤーのZMI、BOKEHのもとに、ボーカルのKENTOが加わる形でスタート。それぞれのルーツに紐づいた、R&Bやソウル、ヒップ・ホップを巧みに乗りこなした楽曲を展開している。
YOHLUの魅力は、少し先の未来をゆく楽曲だ。海外のヒットチャートやムーブメントに柔軟に反応しながら、今の自分たちとバランスがとれるところに落としこむ。また、その際に詰めこみたい要素を全部押しこむのではなく、洗練しすぎない温度感にとどめる。だからこそ彼らの楽曲は、前衛的ながら親しみやすい至極の一皿でありえるのだ。

先日配信が開始された「FLIGHT LIGHT」は、急遽配信が決定した新E.P『YET YONDER YEARNING』にも収録されていない新曲。関口シンゴ(Ovall)の楽曲をYOHLUがアレンジし、プロデュースは名古屋のトラックメイカー・Peach Boiが担当したナンバーとなっている。ゆったりした歌メロと繊細に間を埋めていく楽器隊のマリアージュを楽しんでほしい。

YOHLU

提供:BIG UP!zine

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

BIG UP!

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる