NABOWA:Best Tracks of 2020

Special

文: Mao Oya  編:Mao Oya

2020年を振り返る年末の特別企画として、アーティストやDJなど様々な方に、ベスト・トラックや、1年をどんな風に過ごしたのかをお伺い。第9回目は、4人組インストゥルメンタル・バンドのNABOWA(ナボワ)が登場。

2020年はみなさんにとってどんな1年になりましたか? DIGLE MAGAZINEでは、今年を振り返る年末の特別企画として、アーティストやDJなど様々な方に、ベスト・トラックや、2020年をどんな風に過ごしたのかをお伺いしました。

第9回目は、4人組インストゥルメンタル・バンドのNABOWA(ナボワ)が登場。

PROFILE

京都を拠点に活動している4人組インストゥルメンタル・バンド。2019年4月に発売した「DUSK」を含め、現在までに6枚のアルバムをリリース。国内外大型フェスへの出演や、近年は、台湾3都市ツアー、香港ワンマンを行うなどライブアクトとしてアジアでも高い評価を獲得している。

Best Tracks of 2020

川上優(Dr):

M1〜3 
音楽は車の運転中によく聴きます。MIZUKAMIは朝、ドミコは昼、Ólafur Arnaldsは夜によく聴く曲。

堀川達(Ba):

M4〜6
Teebs「Studie (feat. Panda Bear)」
去年リリースしたTeebsの色んなアーティストとコラボしたアルバムの曲。以前までのTeebsとは少しテイストも変わってて新鮮!

Mocky 「Living In The Show」
コロナでの暗い気持ちを晴らしてくれる、素敵な曲。

Azymuth 「Manhã」
キャンプのときによく聴いてました。

景山奏(Gt):

M7〜10
日課の散歩中に聴くと景色がファンタスティック5割り増し。

山本啓 (Vl):

M11〜13
Chilly Gonzales 「Gogol」
とりあえずタープ建てて一杯目のビール飲みながら肉の準備してる時によく聴いてたやつです。何もかもがちょうどいい曲だなーと思いました。

Bugge Wesseltoft 「Try」
ぼちぼちグリルの中の肉が焼けてきた頃、スモークの具合を見る時くらいの時間帯(16時頃以降)に、モップソースを塗りながら聴いてたのが印象的な曲です。サウンド処理が凄く好み。じわっと来ますね。

Ólafur Arnalds & Alice Sara Ott 「Eyes Shut – Nocturne in C Minor」
時はマジックアワー。熾火になった薪を見ながら、片付けるの嫌やなー、泊まって帰りたいなーと思いながらよく聴いてました。熾火の光にめっちゃ合います。ちなみに冬は2割増しでこのマリアージュめっちゃ良い。

NABOWAの2020年

2020年はあなたにとってどんな1年でしたか?

川上優(Dr):

今年は外に出れなかった分、ドラムの練習と家族との時間を沢山取れました。今年インプットしたものを来年はアウトプットしていきたいです。

堀川達(Ba):

気持ちの浮き沈みが激しい1年でした。今まで当たり前にやってきたことがストップして、色々自分にとって大切な事や大切なものを考えることが多かったです。

景山奏(Gt):

ギターにハマって一日中弾いてた高校生の時以来ぐらいに自分自身の音楽制作に没頭したとっても貴重な、ボーナスみたいな一年でした。

山本啓 (Vl):

ここ15年で1番家に居た一年で、遠出や旅が好きな僕としては最初は狂いそうでしたが、近所でどう楽しむかに全力を注いでからは案外楽しいことを沢山思い付く事ができたり、やりたかった勉強も色々できたので結果的には良い一年になったと言えます。2020年に培った色んな事を今後発揮していければなあと思います。

12月31日はどう過ごしますか?

川上優(Dr):

例年通り田舎へ帰省してゆっくりします。

堀川達(Ba):

実家がお寺なので、毎年の如く実家に帰り除夜の鐘の準備に勤しむ次第です。

景山奏(Gt):

多分いつもと変わらずデモトラック制作して散歩してお笑い観て夜のハライチのタァァァン!!の年越し時の共有に備えます。

山本啓 (Vl):

家で過ごします。料理が好きなので、ここぞとばかりに腕を振るう予定です。あと、いつもより少し良いお酒を飲みたいと思います。

 2021年にやりたいことや予定していることは?

NABOWA:

今年作りまくった音源を順次リリースしたいです。2月14日(日)には表参道のWALL&WALLでワンマンライブを行います。配信でも視聴可能なので地方の方はそちらも是非チェックしてください。

EVENT INFOMATION

『“NABOWA” + LIVE STREAMING』

2021年2月14日(日)
表参道WALL&WALL
OPEN 18:30 / START 19:30

《実入場+配信アーカイブチケット》
adv 5,000yen(枚数限定)
*別途ドリンク代が必要となります
<販売期間:12/2 18:00〜2/13 23:59>

《生配信+配信アーカイブチケット》
adv 2,000yen
<販売期間:12/2 18:00〜2/13 23:59>
当日以降 2,500yen
<販売期間:2/14 00:00〜2/17 18:30>
※アーカイブは2/17(水)23:59までご視聴頂けます。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Mao Oya

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる