Beat Tape解剖 |2seam『picture』

Column
音楽ブログ「にんじゃりGang Bang」を運営するアボかどが、ヒップホップのビートテープを紹介。今回は福井を拠点に活動し、海外レーベルからもリリースを重ねているビートメイカーだけのクルー・DRSのメンバーの1人、2seamが2021年9月にリリースした『picture』を解説。

ヒップホップは単独行動だけではなく、クルーやコレクティヴとして集団で動くケースも多くある。アメリカなら近年はGriseldaInternet Moneyなどが活躍し、日本でもKANDYTOWNSound’s Deliなど様々な集団がシーンを彩っている。しかし、所属しているのがビートメイカーだけ、しかも6人もいる集団は海外ではともかく国内ではなかなか珍しいのではないだろうか。福井を拠点に活動するビートメイカーだけのクルー、DRSは国内ビートシーンで一際ユニークな存在だ。

次ページ:福井から日本を飛び出すビートメイカー・クルーDRS

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる