「ハッピーを世の中に増やす」――パーソナルな音楽表現に到達したgbが語る、創作活動の意味|BIG UP! Stars #51

BIG UP! Stars

文: 保坂隆純  写:遥南 碧  編:Mao Oya 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第51回目はgbが登場。

Kool &The Gang(クール・アンド・ザ・ギャング)のGeorge Brown(ジョージ・ブラウン)を父としながらも、主に日本で育ったSSW/ラッパーのgbが1stアルバム『24/7』を2月24日にリリースした。

コンセプチュアルな作品の連続リリースでも話題を集めたgb。オーセンティックなR&Bやヒップホップを軸に、日本語を軸にポジティブなメッセージを発する彼のサウンドは、実際に対峙して感じた彼の実直な人間性がそのまま作品に反映されているかのようだ。

今回のインタビューではグループでメジャー・デビューも経験した彼がソロ・アーティストへと転向した経緯、そして自身の活動を通して気付いた“音楽を発信する意味”まで、様々なことを語ってもらった。

メジャー・デビュー、グループの解散、そしてソロに

―資料に「高名な父からの誘いを幾度となく断って、日本での『暮らし』と『表現活動』にこだわる」とありましたが、幼少期は日本で過ごされていたのでしょうか。

日本で生まれて、学校に入るまではアメリカと行き来していました。日本のインターナショナル・スクールに入ってからは、長期休暇の時だけアメリカに行くっていう感じでした。

―日本とアメリカを行き来する中で、日本での暮らしにこだわるようになったのはなぜなのでしょうか。

お父さんはツアーなどで家にいないことが多くて。しかも、お父さんが住んでいたのはLAなんですけど、実家はニュージャージーだったので、親族とも年に数回会う程度だったんです。それに比べて、日本では母の実家に住んでいたので、常に多くの家族に囲まれていて。たぶん、その時の頃から「日本の方がいいな」ってなったんだと思います。

―幼い頃のgbさんはどのように音楽に触れていましたか?

お父さんの家では常に音楽が流れていましたし、ツアーにも連れて行ってもらったりもしました。日本では流行りの音楽について友達と話したり、通学中に聴いたりっていう感じですね。

音楽を聴くのは好きでも、自分がプレイしたりっていうのは全く考えていなかったのですが、中学卒業のタイミングで友だちからラップ・グループに誘われて。そこで初めて自分でラップをするようになりました。

―お父さんが在籍していたKool &The Gangのような、ソウル、ファンクにはいかなかったと。

楽器を習ったこともあったんですけど、全く続かなくて。そこからはあまり興味を持てず、どちらかというと小さい頃は音楽よりスポーツに熱中していました。バスケ選手になりたいと思っていたこともありますし。でも、バスケと音楽はカルチャーとしての結び付きも強いので、自然と音楽も吸収していたんだと思います。

―gbさんの現在の作品は、ヒップホップやR&B的なサウンドの中にも、日本語のポップスにも通ずるフィーリングが強く感じられます。

日本のアーティストだと槇原敬之さんがとても好きで。自分がやっているブラック・ミュージックに、日本の音楽の詩的な要素を上手く融合させたいと考えています。

―友人とグループを始めて、音楽に対する意識はどのように変化していきましたか?

最初は友だちを呼んでのイベントだったのですが、人前でパフォーマンスする楽しさ、嬉しさを覚えて。毎日のようにスタジオに入ったり、月イチでイベントに出たり“やるならいけるところまでいきたい”と思うようになりました。

―そのグループは長く続いたのでしょうか。

大学生になるくらいの時期に、それぞれ進路が分かれてしまって。残ったメンバーと一緒に3人組として活動していくことになり。紆余曲折を経てThe New Classicsとしてメジャー・デビューもさせてもらいました。The New Classics解散後も2人組ユニット・0TU1として活動しています。

―そこからソロでの活動を始めた経緯というのは?

元々、ひとりでイチから音楽を作るということには興味はあったんですけど、音楽活動の始まりがグループだったこともあって、怖くてなかなか踏み出せなかったんです。でも、このままではダメだと思って、自分を変えるためにソロ作品を作り始めました。それが2018年にリリースした「HOME」と「SUNDAY」です。

―特に活動初期の頃に感じたことですが、意識的に前グループの名前などを出していないように感じました。それは何か考えがあってのことだったのでしょうか。

確かにそれは意識していました。やっている音楽がガラッと変わってしまったということもあるのですが、前グループでの知名度などに頼らず、ゼロからやってみたかったんです。

ただ、そういった過去の活動は全て僕の大事な歴史なので、決してなかったことにしたいわけではないです。これは僕の夢のひとつなんですけど、gbとしてもっと大きな影響力を持つことができたら、グループとしてもう一度ステージに立ちたいとも考えています。

次ページ:「一旦リセットしてみよう」――空白の1年

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる