TikTokで注目の音楽プロジェクト・0amが仕掛ける戦略的な楽曲作り |BIG UP! Stars #81

BIG UP! Stars

文: 高木 望  写:遥南 碧  編:riko ito 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第81回目は0amが登場。

5歳のきのこオタク”ゆづっこ”の声をサンプリングした「毒きのこの曲」が動画配信プラットフォーム・TikTok上で話題となり、若い世代を中心に活動が注目されている音楽プロジェクト・0am。彼女らが2022年6月1日にリリースした新曲「UneUne」は、チルなトラックに合わせて梅雨時の「気分の乗らなさ」を歌った、極めてパーソナルな一曲だ。

彼女たちが心のうちを等身大の姿で曝けだす理由は、2人の活動拠点であるTikTokとも深く関係している。今回、メンバーであるMAKIADACHICOMiNUMに、彼女らの現在のスタイルがどのように形成されていったかをインタビュー。数々のエピソードには、彼女たちがTikTokの世界で音楽を発信し続けるための“戦略”が散りばめられていた。 

タイプが一緒だと気付き「2人で組むとなんでもできそう」と感じた

ー結成は昨年10月と聞いて驚きました。お二人はそれ以前から面識が?

インタビュイー画像

COMiNUM:

確かに0amとして初めてリリースしたのは去年の10月なのですが、付き合いは結構長いんですよ。出会ったのが2017年とか。0amの前にも『MAKIADACHI&COMiNUM』っていう名義で2曲リリースしています。

ーおお、そうだったのですね。お二人での活動をスタートさせたきっかけは?

インタビュイー画像

COMiNUM:

最初はそれぞれがDTMで打ち込みをして曲を作るスタイルのソロ活動をしていたんです。たまたま対バンで会ったのが最初だったのですが、お互いに似たようなスタイルでやっている同性のアーティストにほとんど会ったことがなくて。楽屋で話をして、私が主催する<DAW女子会>っていう打ち込み系の女性シンガーを集めたイベントに、MAKIADACHIも出てもらうようになりました。
インタビュイー画像

MAKIADACHI:

本当に珍しくて衝撃だったんですよね。作詞・作曲だけじゃなく、打ち込みまで全部をやっている女の子にほとんど会ったことがなかったから。曲作りのことで誰にも相談ができないので、抱える悩みも似ていて。
インタビュイー画像

COMiNUM:

お互い孤独だったし(笑)。引きこもって作業することが多い分「仲間をみつけた」ってことが嬉しかった。お互いソロでやりつつも活動に疲れかけていた時期がちょうど重なったのもあり、悩みを打ち明ける中で「一回一緒に作ってみよう」となりました。それで実際に曲を作ってライブで披露したら反応も良く、自分たちも手応えがあったんです。
インタビュイー画像

MAKIADACHI:

「面白いからMVも作っちゃえ!」って(笑)。でもその時は2人組で活動するつもりもなくて、お互いがソロで活動するなかで「たまにコラボしようか」みたいなテンションでした。

ーそこから0amというユニットでの活動を決心したのは?

インタビュイー画像

COMiNUM:

コロナ禍が大きいのかな。ライブもできなくなったし。
インタビュイー画像

MAKIADACHI:

そうかもね。緊急事態宣言が出て2人とも心が摩耗し「ソロ活動、どうしよう」という不安があったんですよね。それでライブ活動もできない中、ちょうど私がゲームのMinecraftにハマっていたんですよ。それでCOMiNUMにも一方的にiPhoneアプリを送りつけたことがあって。
インタビュイー画像

COMiNUM:

まんまとハマりましたね。緊急事態宣言で何もやることがなかったから、やらざるを得なくて(笑)。最初は電話を繋ぎながらダラダラ一緒に遊ぶだけだったのですが、MAKIADACHIから「ここでライブをしよう!」と誘われて。
インタビュイー画像

MAKIADACHI:

時々私がMinecraftの中にステージを作り、アバターでファンの方向けにライブ配信をしていたんです。そのゲストとしてCOMiNUMにも出てもらって。それがめちゃくちゃ楽しかったんですよね。それだけじゃ物足りなくなって、夏ごろにライブハウスを借りて、『LIVE in Minecraft』として実写の配信ライブもやりました。グリーンバックの前でリアルライブをして、Minecraftのステージを合成して。そしたらそれも反響をいただきました。
インタビュイー画像

COMiNUM:

 全部自分たちでやったから過酷だったけど、作業は苦じゃないというか。「やると決めたらやりきる」という性格もタイプが一緒だと気付き、「2人で組むとなんでもできそう」って感じました。そしてもう一度Minecraftライブをやることになり、2021年1月に「G.A.M.E.」というオリジナル曲を一緒に作ったんです。サブスクでもリリースしたところ、周囲からも反響があり、2人でやることに改めて手応えを感じました。それで、2021年5月に『MAKIADACH&COMiNUM』名義でTikTokアカウントを開設したんです。
次ページ:TikTokを活動の拠点とする理由

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる