SAKANAMON

節目を迎えたSAKANAMONが進む道とは|BIG UP! Stars #02

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第2回目はSAKANAMONの藤森元生が登場。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

RELATED ARTICLE

関連記事

清竜人は何故歌謡曲を歌ったのか?縮小していくシーンに一石を投じる、クリティカルな新作『REIWA』

新たな元号を冠した、6年ぶりのオリジナル・アルバム『REIWA』をリリース。歌謡曲を歌った新作に秘めた、批評的な視線とシーンへの危機感とは。清竜人本人によるプレイリスト、「昭和から平成への女性シンガー」も併せてお楽しみください。

いつも音楽と共に。KAIKIのこれまでの歩みと新作『Journey of life』が生まれるまで

7月10日に2nd アルバム『Journey of life』をリリースしたKAIKI。今作にもプロデューサーとして参加しているCarlos K.、イベントなどで交流のあるDJ TAROと共に彼のルーツや作品に込めた思いを聞いた。

創ることは生きること。湯木慧の尽きない表現欲求に迫る

湯木慧(ゆきあきら)が自身の21歳の誕生日に、メジャーデビュー作『誕生~バースデイ~』をリリース。彼女のルーツを紐解きながら、表現欲求の源に迫る。

愛と祈りのオーガニック・ソウルMARTER。20余年の音楽の旅を辿る

スピリチュアルなメッセージを届ける、MARTERによるオーガニック・ソウル『By The Ocean』。アコギの音色を中心に作られた新作に込めた想いに迫る。

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

上京と同時に組んでいたバンドが解散し一人で曲作りを続けていた藤森が、2007年11月専門学校の同級 生である森野と出会い結成。 「聴く人の生活の肴になるような音楽を作りたい」という願いから SAKANAMONと命名する。2009年4月より木村が加入。 2013年4月にメジャー1stシングル「シグナルマン」、6月には2ndシングル「花色の美少女」をリリース。 その後も多数のフェスへの出演やZeppDiverCityでワンマンライブなど大成功を収める。
2018年には結成10周年を迎え、映画「SAKANAMON THE MOVIE 」~ サカナモンはなぜ売れないのか ~の制 作や、全国ワンマンツアー “延々々”、全国対バンツアー”連々々”を開催。 対バンツアー”連々々”セミファイナルではキュウソネコカミ/Czecho No Republic、ツアーファイナルの渋谷 TSUTAYA O-EASTではKEYTALK/フラワーカンパニーズを迎え盛大に結成10周年を締めくくる。 ”サカなもん”というマスコットキャラクターを従え、独特のライブパフォーマンスを展開している。
閉じる