バンド欲が繋いだROKIのルーツと音楽、ライブへの熱量|BIG UP! Stars #06

BIG UP! Stars

文: 久野麻衣  写:松村雄介 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第6回目はROKIが登場。

バンド結成の経緯とそれぞれのルーツ

ーROKIはどのような経緯で結成されたのでしょうか?

インタビュイー画像

松元りんたろう:

もともとは3~4年くらい前にライブハウスで出会ったんです。大樹とハヤトが2人で別のユニットをやっていて、自分がやっていたバンドと対バンで一緒になって、かっこいいなと思って話しかけたのがきっかけです。そこからなんとなく付き合いはあったんですけど、2017年の8月か9月のお昼ぐらいに急に大樹から「一緒にバンドやろう」ってLINEがきて、即答で「やるよ」って返事を返しました。

ー連絡をもらった時は他にバンドはやっていなかったんですか?

インタビュイー画像

松元りんたろう:

そうですね、僕はバンドやりたいなと思いつつ、1年くらいなにもしていない時期でした。

ーそれは山崎さんとヤマグチさんのところに加わるという形だったんですか?

インタビュイー画像

ヤマグチハヤト:

ROKIは結成してから2ヶ月くらい別のドラマーだったんですよ。でも「やっぱりドラムの音でかいから入って」って。
インタビュイー画像

渡辺岳:

僕がメンバーに加わったのは本当に最近です。

ー山崎さんはそれぞれのメンバーのどの部分に惹かれて勧誘したんですか?

インタビュイー画像

山崎大樹:

楽器ができるから、それだけです(笑)。僕は友達あんまりいなくて、ベースもドラムもギターも友達は彼らだけでしたから。でも今は他に人脈なくてよかったなって思います。

ー山崎さんとヤマグチさんはどういう繋がりだったんですか?

インタビュイー画像

山崎大樹:

ディスコ的な場所でたまたま知り合ったんです。
インタビュイー画像

ヤマグチハヤト:

お互いベロベロで、あんま覚えてないんですよね(笑)。でもLINEは交換していたらしくて、1年後くらいに突然大樹から連絡が来たんです。フットサル感覚で「バンドしませんか?」って。俺もバンドやっていたんですけど、やめて暇だったので一緒にスタジオに入って、ベロベロに酔っ払って、そこからですね。

ーではみなさん出身とかもバラバラなんですね。

インタビュイー画像

ヤマグチハヤト:

そうですね。

ーそんなみなさんがバンドとして一つになれた要因ってなんだったんでしょうか?共通のルーツとかがあったんですか?

インタビュイー画像

松元りんたろう:

みんなそれぞれ好きなものがあるし、共通している部分もあるけど、ど真ん中に何かあるかって聞かれたら「バンドやりたい」って精神的な方かもしれないですね。

ーなるほど。ではみなさんが音楽をやり始めたきっかけを教えてもらえますか?

インタビュイー画像

渡辺岳:

僕が楽器を最初に始めたのはギターじゃなくて吹奏楽部だったんでチューバでした。小学生の頃にサッカーをやってたんですけど、ギックリ腰で続けられなくなって吹奏楽部に移ったんです。でも、ダサいなと思って高1の頃にロックバンドに憧れてギターを始めました。
インタビュイー画像

ヤマグチハヤト:

ドラムは中2の選択授業で初めて触りました。当時の音楽先生がX Japanの解散ライブで鑑賞テストをするような面白い人で、バンドを組んでみんなで発表する授業があったんです。でも、ギターとベースはもともと出来る奴がいるんですよね。俺はやりたいパートが何もなかったから余ったドラムをやっていたら、なんか今まで続いちゃった感じです(笑)。
インタビュイー画像

松元りんたろう:

自分は家にフォークギターがあって、それを弾きたいと思って触り始めたのがきっかけです。ネックもそれて、ボディも膨らんでて、到底弾けるものではなかったんですけどね。その頃から友達に借りてベースは弾いてたんですけど、7年くらい前に楽器屋でバイトをしている時に、同僚に貸してもらったcocobatのCDがもうめちゃめちゃバキバキのスラップを弾き通してて、それがめっちゃかっこいいと思って本格的にベースを始めました。cocobatはライブもよく行ってました。
インタビュイー画像

山崎大樹:

僕は生まれた時から口笛を吹いて、曲を作ってました…。
インタビュイー画像

松元りんたろう:

待て待て!1人だけ偉人化してる(笑)。それでいいの?
インタビュイー画像

山崎大樹:

大丈夫です。いつも通り(笑)。

ー影響を受けたアーティストはどんな方がいますか?

インタビュイー画像

渡辺岳:

最初、くるりが好きでよく聴いてました。そこからバンドに詳しい先輩に教えてもらったのがOasisThe Rolling Stonesで、高校3年間はThe Rolling Stonesにめちゃめちゃはまってました。あと日本だとTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTですね。そこからギターを教わりつつ弾いていたので、その2つがずっと根幹にあると思います。
インタビュイー画像

ヤマグチハヤト:

俺はドラム始めるまで音楽は好きでも嫌いでもなかったんですけど、音楽室でDeep Purpleを聴いたのがきっかけで音楽に興味を持ち始めました。そこからSUM41がめちゃめちゃ好きになったんでUSパンクをよく聴いてました。そこがドラムを始めたきっかけでもあるし。
あと大樹と2人でバンドを始めた頃、ディスコ的なところで1番好きだったのがThe Prodigyでしたね。この間、亡くなっちゃいましたけど。
インタビュイー画像

松元りんたろう:

僕が1番好きなのはオルタナ、グランジ辺りですね。NirvanaMudhoneySoundgardenDinosaur Jr.とか、そういう音楽がルーツなバンドを自然と聴いてる気がします。でもなんでも聴きますよ。自分で最初に買ったCDはTHE ALFEEだったし。小学生の時に『サラリーマン金太郎』の主題歌に使われてて、その曲が聴きたくて毎週観てました。
洋楽を聴き始めたきっかけはQUEENですね。小学校の卓球部の顧問の車で流れていて、車の中ですごく感動したのを覚えてます。
インタビュイー画像

山崎大樹:

僕は2つあって、まず1つはゆずです。『トビラ』ってアルバムが出た時、超元気いっぱいの奴らが自分の事嫌いそうな曲を歌ってるのが好きでした。
もう1つはNirvanaですね。僕は親が離婚して下宿に入ったんですけど、そこに同じような人がいて、そいつはNirvanaで気持ちを浄化してたんです。そんなんアホだなって思いつつ、そいつから借りたらすごいよくて、そこから音楽は暇つぶし的な趣味ではなく、好きなものに変わりました。Nirvanaは真ん中にすごく繊細なところがあるんです。なんで、それを無視して爆音で好き勝手やってると思っている人は超嫌いです。

ROKI

次ページ:人によって解釈の異なる歌詞

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

PHOTOGRAPHER

松村雄介

TAG;

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

大学卒業後2年間、なんもしないで悶々とレコファンに通ってとりあえず「ROKI」ってバンドやりたいなーと考えてた山崎を中心に、2017年くそ暑いバイトの休憩中に結成。
ジャンルとかどーでもいいし、とにかく感情的に生きていこうと思う。
パティ・ボイドに会いたい。

メンバー:
山崎大樹
松元りんたろう
ヤマグチハヤト
渡辺岳
閉じる