SHōTA LōDIさんの思い出の1曲「John Mayer /Stop This Train」|Music Episode #005

誰もが持っている思い出の一曲についてインタビューする『Music Episode』。5回目はポップシンガーソングライターとして活躍するSHōTA LōDIさん。彼の思い出の曲「John Mayer /Stop This Train」についてお話を伺いました。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

Tonydotさん思い出の1曲「Beyonce/Single Ladies(Put a Ring on It)」|Music Episode #004

7Aさん思い出の1曲「キース・ジャレット/My Wild Irish Rose」|Music Episode #002

村田あつみさんの思い出の一曲「PLAY」/ SEKAI NO OWARI|Music Episode #011

美月リカさんの思い出の一曲「爪爪爪」/マキシマムザホルモン|Music Episode #010

安住麻里さん思い出の1曲「Hal/六階の少女」|Music Episode #001

蟻(キミノオルフェ)さん思い出の1曲「BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU/ray」|Music Episode #003

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

ヨシヤアツキ

確か学生。DIGLE MAGAZINE 編集部で企画編集とSNS始めました。有機と無機のごちゃごちゃな音楽を好んで聴きます。情熱あまりがちです。

Webサイト

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

AUTHOR

Photographer

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

website

Writer

ヨシヤアツキ

確か学生。DIGLE MAGAZINE 編集部で企画編集とSNS始めました。有機と無機のごちゃごちゃな音楽を好んで聴きます。情熱あまりがちです。

website

RELATED ARTICLE

関連記事

7Aさん思い出の1曲「キース・ジャレット/My Wild Irish Rose」|Music Episode #002

誰もが持っている思い出の一曲についてインタビューする『Music Episode』。2回目はモデル、女優、スタイリスト、ラジオDJといった様々な顔を持つ7A(ななえ)さん。彼女の思い出の曲「キース・ジャレット/My Wild Irish Rose」についてお話を伺いました。

Tonydotさん思い出の1曲「Beyonce/Single Ladies(Put a Ring on It)」|Music Episode #004

誰もが持っている思い出の一曲についてインタビューする『Music Episode』。4回目はモデル、DJとして活躍するTonydotさん。彼の思い出の曲「Beyonce/Single Ladies(Put a Ring on It)」についてお話を伺いました。

蟻(キミノオルフェ)さん思い出の1曲「BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU/ray」|Music Episode #003

誰もが持っている思い出の一曲についてインタビューする『Music Episode』。3回目は「キミの物語を紡ぐ吟遊詩人 (=オルフェ)」を意味する「キミノオルフェ」として活動する蟻さん。ポエトリーポップとも呼ばれる独自の音楽を生み出している彼女に、話を聞いてきました。

OGSさん思い出の1曲「Mr.Children/Another Story」|Music Episode #008

誰もが持っている思い出の一曲についてインタビューする『Music Episode』。8回目は美容師として働きながらイベントオーガナイズ・DJとしても活動するOGS(オグス)さん。彼の思い出の曲「Mr.Children/Another Story」についてお話を伺いました。

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
SHōTAの音楽は広義的に「アコースティック、ネオ・ソウル、ポップ」といったジャンルに分類され、彼の最も得意とするアコースティックをベースにヒップホップの要素を取り入れた非常に独創的なものになっている。

昨年10月にはシングル『So Good』をリリース。さらに続けてDJ/Producerである*Groovy workshop.とのコラボレーション”Party Girl feat. SHōTA LōDI” をリリースし、このタイトルは日本のiTunesストアのEPチャートで一位を記録。
また、SHōTA LōDI ”Time Was On Our Side” ft. The Golden Ponyというリミックスタイトルをオリジナルに先駆けてリリース。これがSpotifyノルウェーバイラルチャートトップ50で3位を記録し、台湾では9位に。さらにこの曲はThe Chainsmokersの公式サウンドクラウドページでも取り上げられるなど、海外でも確かな人気を博している。
今年3月には“Time Was On Our Side”のオリジナルバージョンをリリースし、確実にSHoTA LoDIの人気が上昇していることがうかがえる。

謙虚かつ誠意を持って音楽に臨むアーティストSHōTAにとって曲作りとは今までも、そしてこれからもずっと「未来に向かって翔び立つ」という彼の日本語の名が示す通りの活動である。
LAで知られるペッパーミントクラブで大盛況を収めたパフォーマンスを含む近年の彼の目覚ましい活躍、そして本年の下半期には最新シングル、新EPの発表なども控えていることから彼は2018年も多忙を極めるだろう。


閉じる