愛と祈りのオーガニック・ソウルMARTER。20余年の音楽の旅を辿る

Topics

文: 黒田 隆太朗  写:後藤倫人 

スピリチュアルなメッセージを届ける、MARTERによるオーガニック・ソウル『By The Ocean』。アコギの音色を中心に作られた新作に込めた想いに迫る。

すべてを赦すようなオーガニックな音色だ。誰をも拒まない慈しみ深い音、MARTER(マーテル)による5作目のアルバム『By The Ocean』にはそんな温かさがある。14歳の時にLAへ移住して以来、彼は様々な土地に訪れ自身の音楽を育ててきたが、本作の特徴は何と言ってもこれまでで最もアコギがフューチャーされている点であろう。AORやサーフの気分も感じさせるソウルへと帰着しており、Mac AyresやNick Hakimにも通じる音楽を、実に優しい音色で届けている。そして彼は、変わらずスピリチュアルなメッセージを忍ばせて音楽を生み出している。何故MARTERは愛と光を綴るのか。20余年のキャリアを辿りながら、じっくりと語ってもらった。

海の風景から生まれる癒しの音

ー今は湘南に住まわれているんですよね?

うん。ずっと行ったり来たりしていたんですけど、去年の9月から住み始めました。

ー初期の頃は森林の中にいるようなジャケットのアルバムをいくつか出されていましたが、ここ最近は創作のモチーフが海になってきているように思います。

そうですね。それまでは山で書くようなことが多かったんですけど、山から海へ、違う癒しを求めるようになったのかな。アコギを始めてから、鎌倉在住のコスガツヨシ(cro-magnon )くんと一緒に遊ぶようになって。よくふたりでアコギを弾くようなライヴもやっているんですけど、その中でだんだん海際で曲を書くようになっていきました。海の浄化の癒しが今は心地いいです。

ー土地移ったことが、音楽に影響を与えていますか?

やっぱり遊びも多いし、海際の人達って明るいんですよね。波に乗る人もいるし、夏は賑わうし、自然とトロピカルな音楽を鳴らしたくなるというか。湘南での明るい人々との暮らしの中で、楽観的に人生をそのまま受け入れるようになった感じです。

ー元々、そういう環境に身を置いて創作していきたいっていう願望がありましたか?

そうですね。やっぱり一カ所にいると飽きちゃうので(笑)。新しい刺激っていうのは常に欲しいなって思います。今はそれが海っていう感じです。

ー森にしても海にしても、MARTERさんの音楽には常に自然というものが要素としてありますよね。自然に惹かれるのはなんでなんですか?

元々バビロン育ちなので、渋谷周辺をずっとウロウロしていたんですけど。それに慣れてきた頃、20代の時にたまたまハイキングとか富士山の周りにハマるきっかけがあって。そこで自然とはなんて凄いんだ!っていう衝撃体験があったんですよね。そこで音楽と同じくらい自然に興味を持つようになって、そこから歌詞の中で増えていったと思います。自然はストレスを浄化してくれるし、森や海の中にいると凄く健康的になれますよね。

ー14歳の頃にLAに行かれて、それから色々な国に行かれていますよね。ずっと音楽で旅をしている感覚がありますか?

いや、そんなつもりでもないんですけどね(笑)。でも、動き続けたい気持ちはあります。初めて行く国でグッときたりするし、今回のアルバムに入っている「Vacation」も、東南アジアを初めて旅行した時に刺激を受けてできたものだから。やっぱり行ったことのないところに行くと凄くエネルギーをもらえるんですよね。

ー冒頭の「新しい世界」も軽快で、今回はしっとり聴かせるだけではないテンション感がありますよね。

「Come On Over(album mix)」の最後のギターソロも自分で弾いているんですけど、最近は90年代に刺激を受けたメロディが懐かしくて出てきますね。14歳の時にLA行ったのが90年くらいなんですけど、古き良き時代だったなと思います。MTVから流れてくる音楽はキャッチーなメロディがあったなあって。

ーその当時はどんな音楽を聴かれていたんですか。

テレビで何言っているのかもわからないからMTVばっかり見てて、まだBon JoviとかAerosmithの時代だったから、わかりやすいロックを聴いていました。

今回のアルバムもちょっとだけエレキギターが入っているのは、なんとなくその感じが出たのかな。高校3年くらいの時にまずロックから始めたんですけど、ジミヘンを弾くバンドをやったり、パーティで演奏するようなロックバンドをやっていたので、その時の初期衝動みたいなものを思い出したいなってう気持ちはありました。原点を見直している感覚があります。

ー今原体験とか、音楽の原風景を思い出しているのはなんでですか?

ひと回りしたという感じです。ベースをやって、鍵盤をやって、アコギを40代くらいから始めて、最近はまたエレキも弾いているんですけど。一番初めに始めたのはエレキギターだったから、いろんな楽器に触ってきてひと回りしてそこに戻ってきたのかなと思います。新しい場所に行くことと同じように、楽器も新しいものをやってみると刺激があるから、曲を作るっていう意味でも凄くいいんですよね。ギターで曲を作るだけでも発見もあるし、特にアコギはリズムも出せてどこでも弾けるのが凄くいいですよね。

次ページ:

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

後藤倫人

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

<MARTER(マーテル)>

東京生まれ。14歳の時L.A.に移住。高校時代にベースの虜になり音楽の道に進むことを決心。
Berklee College of Musicにて様々なミュージシャン、ジャンルの音楽と触れ合う。

2002年に自宅録音で『樹海』『月の出汐』をリリースし、メディア/国内外のミュージシャンから絶賛される。

2005年にアルバム『Preferable Reality』を完成させ、ヨーロッパツアーへ。
世界最大のエレクトロニックミュージックフェスティヴァル "sonar 2005" に正式招待されライブを敢行。
mixmaster morris, rei harakamiをはじめとする国内外のアーティストから高い評価を得る。

2009年にはベルリン滞在中に製作されたアルバム『weltraumastethik』を発表。

そして2012年にはJazzy Sportからアルバム『Finding&Searching』を発表。収録曲『When I'm with you』がiTunes Best of 2012のBest R&B songに選ばれる。

2014年10月にはアルバム『Songs of four seasons』をリリース。

2017年にChara『sweet and soul session tour』に(Kan Sanoと共に)参加。

2017年5月にニューアルバム『This Journey』をリリース(iTunes R&B chart 1位を獲得)。7月にはFuji Rock Festivalに出演する。

音楽を通して、新しい時代に向けてスピリチュアルメッセージを発信し続ける。
現在もCM楽曲制作(SUMO 2018年 ) 、CHARAのツアーメンバーとして活動するなど、精力的に活動している。
閉じる