FIVE NEW OLDが鳴らす、分断される時代に鳴るべきポップとは。集大成となる新作と、次なるフェーズを語る

Topics

文: 黒田 隆太朗  写:Yosuke Demukai 

FIVE NEW OLDがキャリアの集大成となるアルバム『Emulsification』をリリース。アルバムタイトルでもあり、自身のアイデンティティでもあるという「乳化」という言葉が意味するものとは何か? 排他的な空気があるこの世界で、FIVE NEW OLDが鳴らすべきポップの形を語る

本当にぶっち切った。80’sの空気を呼び覚ます煌めくサウンドと、四拍子のリズムで疾走していく「Fast Car」がいきなり最高。HIROSHI自身がバンドの集大成と語るように、『Emulsification』は彼らの音楽におけるひとつの到達点である。幼少の頃から親しんだブラック・ミュージックと、現在ロックバンドの最前線にいると言っても過言ではないThe 1975のサウンド・デザイン、そして10代の頃に熱狂したポップパンクの音を結合させ、独自の道を歩んできたFIVE NEW OLDは本作で確固たるアイデンティティを獲得した。

さて、本作のリードトラックではアフロビートが取り入れられているが、リズムというのは、最も明解な人類共通語だろう。これからは世界と日本を結ぶ音楽を目指すというFIVE NEW OLDにとって、図らずも自身の道を切り拓くような楽曲が納められているアルバムである。新作のタイトルが『Emulsification』(和訳:乳化)となった理由から、排他的な時代の空気の中で鳴らすべきポップの話まで、余すことなくHIROSHIの音楽観を語ってもらった。

アイデンティティは「乳化」

ー新作の『Emulsification』、キャリア最高の1枚だと思います。

FIVE NEW OLDを結成してから現時点に至るまでの集大成になっている感覚があって、自分達のことを振り返りながら作ったアルバムになりました。このアルバムを作ったことでこれから先のことも見えてきた気がしますし、自分達にとって、ある種ひとつの終わりを作れたなと思います。

ー集大成的なアルバムができてみて、自分達のことをどう位置付けたり、どのような道を進んできたと思いますか。

ざっくり言うと、凄く矛盾を孕んだバンド人生だったところがありますね。それで今回「乳化」(Emulsification)というタイトルを付けているんですけど、音楽的なEmulsificationを行ってきた10年間だったと思います。

ーというのは?

結成した時点で「NEW」と「OLD」っていう反対の意味を持つ言葉を自分達に付けていて、初めから水と油を内包していたんですよね。僕らは最初、2010年代のFall Out Boy以降のエモやポップロックをやっていて、メロコアやパンクのロックシーンの中で、ラウドの人達と対バンをしてきたんですけど。そこでは近しいものはあるけど、やっぱりどこか混ざり切れないところはあって。さらにそこから音楽性が変わっていく中で、自分達はパンクのフィールドにいながら、だんだん周りの人達はFIVE NEW OLDをシティポップ的な観点で見るようになる。

ーそれが初期の歩みですね。

でも、すると今度は、自分達の出自だったラウドやパンクの要素が出てきて、(シティポップのシーンとも)混ざり合っているようでいて混ざり合わない部分があったんです。だから僕達はずっとそういうことをやってきているんだなと、改めて思いいます。歌詞を見ても、明るいことと暗いことを集約して、ひとつの答えにしていくっていう書き方をしているから。

ーいろんなものを取り込んで混ぜ合わせてきたという意味で、「乳化」という言葉を使っているんですね。

そう。「僕らは色々なことをやっているバンドです」っていうことを上手く言えなかったのが、ここにきて「乳化をしてきたんです」って言える。アイデンティティを再認識できたんです。新しいものに出会ったら、それを相反するものとして捉えるのではなく、いかに自分達の中に取り込んでいくのかを考えてきたから。星のカービィみたいなバンドです。

ー(笑)。新しいものを吸い込んで、自分の能力にしてきたと。

僕は洋楽に憧れを抱いた10代の頃から、今に至るまでそれをやってきました。だから今、日本の音楽シーンの中で、『Emulsification』というアルバムを出せたっていうことはひとつの集大成なんです。で、これからは日本のシーンと世界のシーンを一緒くたにして届けれられるような音楽を作ることが、僕達の次のチャプターなのかなと思います。

次ページ:

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

Yosuke Demukai

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

HIROSHI (Vocal, Guitar)
WATARU (Guitar, Keybords, Chorus)
SHUN (Bass, Chorus)
HAYATO (Drums, Chorus)

2010年神戸にて結成。
パンクロックバンドとしてキャリアをスタートさせながらR&B、ブラックミュージック、ゴスペルなどの要素を昇華させたロックサウンドに、英語で歌われる爽やかなメロディーとコーラスワークスタイリッシュな洋楽ポップスさながらで心地よくノれると、幅広い世代からの支持を受ける。
これまでに邦楽・洋楽、さらにジャンルの枠を超えた顔ぶれのアーティストとの対バンを重ね、ライブバンドとしてのキャリアを確実に積んでいる。
2017年6月21日「BY YOUR SIDE EP」でメジャーデビュー。 同年「BY YOUR SIDE TOUR」にて東京・新代田LIVE HOUSE FEVER、大阪・梅田Shangri-Laでの自身初のワンマンライブをソールドアウトさせる。
2017年8月、これからの活躍が期待されるアーティストをサポートするYoutube主催の企画「YouTube Music Sessions」に参加。
2018年1月、メジャー1stアルバム「Too Much Is Never Enough」をリリース。全国16公演の「Too Much Is Never Enough Tour」を開催し、エキストラ公演として初の海外公演をバンコクにて行う。
2018年7月サポートベーシストだったSHUNが正式加入し、同年9月2nd EP「For A Lonely Heart」をリリース。バンドのコンセプトである『ONE MORE DRIP』をタイトルに掲げた初のワンマンツアーでは、ファイナル公演・恵比寿LIQUIDROOMもソールドアウトし、ツアーを成功させた。また、タイの大型野外音楽フェスティバル「CAT EXPO 5」「BIG MOUNTAIN MUSIC FESTIVAL9」に日本人としては唯一、両フェスにも出演を果たす。
2019年4月から初のアジアツアー「FIVE NEW OLD ASIA TOUR 2019」を開催、香港・台湾・中国・タイ・日本にて合計10公演のツアーを成功させる。

Their sound is colored deeply by R&B, black music, gospell and elements from the 80’s. With a wide range of expressive performance, the lead vocal HIROSHI sings in fluent English with the breezing melody which shows style of great pop rock attracting their wide fan base. They have built their solid career as a live band by performing with artists from the local scene and from abroad, going across various genres.
閉じる