目指すは「選択のきっかけ」。多様な変化を遂げる灰色ロジックの根幹と今を紐解く

3枚目のミニアルバム『生活の柄』を9月18日にリリースした灰色ロジック。90年代ロックを背景にこれまで歩みを進めてきた半田(Vo/Gt)の赤裸々なバンド人生が描かれた今作について、さらには彼らが描く憧憬までをたっぷりと語ってもらった。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

あき

97年生まれの大学生。ライブハウスとインディーズロックが大好きです。

Webサイト

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

半田 修土(Vo./Gt)
張替 和輝(Ba./Cho.)
深谷 雅博(Dr.)

茨城つくば発、スリーピースロックバンド。
THE BEATLESやくるり、サニーデイ・サービスなどからの影響を色濃く受けながらも自分たちの歌と真摯に向き合う姿勢は、少しずつ評価を受けている。
閉じる