世界が共鳴する音と感情の探求者、Cö shu Nie。その源泉と新作『PURE』で表現したもの

Topics

文: 久野麻衣 

独創的なバンドサウンドで国内外のリスナーを魅了するバンド、Cö shu Nie(コシュニエ)が自身の楽曲の世界観や初のフルアルバム『PURE』について語る。

人は全ての思いを言葉にできるわけではない。しかし、Cö shu Nie(コシュニエ)というバンドはその思いを音で昇華させる術を持っている。

彼らの楽曲はメンバーから“監督”と呼ばれる中村未来(Vo、Gt、Key、Manipulator)が作詞・作曲・編曲までを手がけ、松本駿介(Ba)、藤田亮介(Dr)という2人のプレイが加わることで、より立体的なカオスとして表現される。『東京喰種トーキョーグール:re』や『PSYCHO-PASS サイコパス 3』といったアニメ作品の楽曲を手がけたことをきっかけに海外でも多くのリスナーを抱えているが、それは楽曲の緻密さや演奏のスキルだけでは片付かない“何か”が音として感じられるからだろう。言葉も人種も関係ない。感情を持った人間であれさえすればいいのだ。

今回のインタビューでは彼らの楽曲やその世界観の源を探りながら、初のフルアルバム『PURE』について話を聞いた。彼らが音と人の感情をどのように追求しているのか、確かめてみてほしい。

世界の全てから影響を受けている

ーバンドにとって、やはり『東京喰種』OPへの起用は大きな起点だったと思います。作者の石田スイさん自らの人選ということですが、石田さんの世界観と共感、共鳴できる部分はどんなところだと感じますか?

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

切迫感、焦燥感、色々なキャラクター達が見せる歪な愛の形に共鳴する部分があったんだと思います。生きていく方法を探しているというか、必死で生きようとしているところも近いのかな。

ーそういったバンドの世界観はどう作り上げられているのでしょうか?

松本駿介(Ba):

世界観は監督(中村)の中に出来上がっているんです。出来上がった曲を聴いた瞬間に共有はしていて、「あ、これね。」「なるほど、この感じね」と理解はできます。でも、その世界観は一定じゃなくて、監督の気分によってその都度変わっていく。次に何が来るかは分からない状態ですね。

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

自分のモードみたいなものがあるんです。だから、それによってアウトプットするものが変わっているんです。

ーモードが変わるというのは着るものを変えるような感覚ですか?

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

それもあります。ただ、服を変えるだけじゃ魂を削れないので、もう少し深いところですけど。

ー曲を聴かせる際はメンバー2人に言葉で説明はしますか?

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

デモで作り込んで渡すので、言葉の説明はほぼないです。

ー2人はデモを聴いて、すぐにその世界を感じ取っているんですね。

松本駿介(Ba):

感覚的に繋がっている部分はあると思います。ただ、監督の持ってくるデモはそのまま音源にできるくらい完成度が高いんです。だから聴かせてもらえば言葉にしなくても分かるんですよ。

藤田亮介(Dr):

そこから全然違う世界に行くことはないですよね。

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

2人は読み取る能力も高いんです。

ーデモを作る際はずっと1人で作業されるんですか?

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

そうですね、外との接触はないです。

ーでは、ひたすら自分の中に掘り下がっていくという。

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

これまでに感じたものを熟成させていく感覚で曲を書いてます。今回出したアルバム『PURE』は特に自分との対話だったので内へ内へと入っていく感覚で、カタルシスはありましたね。

ーインスピレーションはどういったところから得ていますか?

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

生活の全てから受けています。こうして話していることや食べる物もそうだし、感じていても言葉にできない感覚ってあるじゃないですか?それがずっと蓄積していて、ある時ふと音楽として生まれるんです。

ーそういった中村さんの世界観へ影響を与えたルーツはなんだと思いますか?

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

クラシックピアノもやっていましたし、好きなアーティストもいますけど、今のスタイルに影響したってなると何なんでしょうね。

ー漫画や映画などの作品では何かありますか?

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

『Dancer in the Dark』は好きです。Björkがすごく好きなので。でも、それだけじゃなくて本当にいろいろなものだと思います。

松本駿介(Ba):

環境音楽も好きだよね?出会った頃から金属を叩く音とかを録音して、曲を作っていたんですよ。今も森の中に行くと知らぬ間に携帯で音を録っていて、後日その音を使って曲を作って聴かせてくれるんです。だから本当に全世界の影響を受けている感じがしますね。

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

今回のアルバムにも工具を叩く音、水やおはじきの音など色々入っているんですけど、そういうところから音楽が生まれる感覚はあるかも。

ー曲自体を作り始めたきっかけは何だったんですか?

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

コピーバンドをしていた時にオリジナルをやろうかとなって初めて書きました。『asphyxia』のカップリングの「PERSON.」という曲で、高校入りたての頃でしたね。その後もバンド活動を続けて行くうちに、ドラムレスになることもあったので打ち込みで曲を作るようになりました。

松本駿介(Ba):

環境音楽で遊んでいたからだと思うんですが、シーケンスも最初から凄くカッコよくて流石だなと思いました。今はストリングスまで組むから担当する楽器はすごいことになってて。それを全部一流に仕上げているからすごいなって思います。

ー楽器自体はなんでも扱えるんですか?

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

2人を目の前に言い辛いですけど、一応色々バンドをやっていたのでベースとドラムも経験があります。でも、ストリングスは弾いたことがなくて。

ーでもクラシックピアノをやっていたから、オーケストレーション的な耳の感覚があるのかもしれないですね。

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

ですかね。

ー歌のメロディーも楽器に近い感覚ですか?メロディーラインがすごく動く印象があって。

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

確かに、楽器と同じ1つのパートとして考えているかも。

松本駿介(Ba):

そこはめちゃくちゃ惹かれた部分でしたね。キャッチーで覚えやすいけど、実際歌おうと思ったらミュージカルみたいに音程が動いている。監督はディズニー音楽もすごく好きなので、その影響はあると思います。ディズニー映画の劇中歌はすごくキャッチーで一発で好きになるけど、実際に歌うとなると難しいですよね。

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

でも美しいですよね、旋律が。

ーミュージカルや歌劇に近い感覚ですね。歌はいつから始めたんですか?

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

バンドを始めた時からで、それまでは全く。カラオケや合唱くらいでした。

ーYouTubeではピアノ弾き語りの動画も公開されていますよね。あれを観て、改めてCö shu Nieのキャッチーさは中村さんの声の効果も大きいのではないかと思ったんです。

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

音楽を1曲としてデザインするときに、曲のバランスってすごく大事だと思っていて。その点でCö shu Nieのド派手な曲と私の声は合うんです。私の声がド派手じゃないから、ド派手な曲でも自分の思った表現ができる。

松本駿介(Ba):

曲に合わせて声色を使い分けてるから、自分の声をすごく正確に把握してると思います。出会った時にもらったデモに「フラッシュバック」って曲があるんですけど、声や歌い方も若々しくて激しいなって印象でした。でもメジャーEPを出した時、その曲を初回限定用に録り直したら、当時のままの声で歌っていてびっくりしました。年齢や期間じゃない、声色として持っていて、その使い分けも記憶してるんですよ。

中村未来(Vo,Gt,Key,Manipulator):

イメージ的には曲と自分の接点ですね。
次ページ:楽曲で与えるプレイヤーへの試練

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる