TENDREが奏でる祈り。『LIFE LESS LONELY』に込めた愛とは

文: 黒田 隆太朗 

『LIFE LESS LONELY』をリリースしたTENDRE。「2020年に作るアルバムとして、考え抜いた末の答え」だという新作と、その奥にある音楽観について語る。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

次代のアートアイコンを志す新鋭・gatoが掲げる破壊と創造の美学 | Newave Japan #51

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

次代のアートアイコンを志す新鋭・gatoが掲げる破壊と創造の美学 | Newave Japan #51

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

河原太朗のソロ・プロジェクト。2017年12月にTENDRE名義での6曲入りデビュー EP 『Red Focus』をリリース。2018年10月には、tofubeatsによるリミックスも話題となった配信限定シングル「RIDE」を含む1stアルバム『NOT IN ALMIGHTY 』をリリース。2019年はARABAKI ROCK FES 、VIVA LA ROCK 、GREENROOM、FUJIROCK FES、RISING SUN ROCK FES、SWEET LOVE SHOWER、CDJなど国内の主要フェスにも軒並み出演を果たした他、同年6月に開催された東名阪のワンマン・ツアーは追加公演を含む全公演がソールドアウト。続く、新作『IN SIGHT – EP』のリリース・ツアーも同じく追加公演を含む全公演がソールドアウトを記録。

Charaや堀込泰行、三浦透子といったアーティストへの楽曲提供・プロデュース、SIRUPや日本でも人気を集めるオランダのSSWベニー・シングスとのコラボレーションなどを行う他、J-WAVE “TOKYO MORNING RADIO”では別所哲也氏の代打としてナビゲーターを務めるなど、その活動は多岐に渡る。
閉じる